ネイチャーショップKYOEI 大阪店…「Central DS ASTRO6D (UV/IRカットフィルター仕様)」

天体望遠鏡や本格双眼鏡、天体観測・バードウオッチング機材の製造・販売。協栄産業株式会社。昭和34年創業。

  • マイページヘログインご利用案内お問い合せサイトマップ
カートをみる
FAX注文書
支払い方法:銀行振込/郵便振替/代金引換/低金利ローン/カード払い
低金利分割払
AstroArts(アストロアーツ) ASTRONOMIK(アストロノミック) BENRO(ベンロ) boader planetarium(バーダープラネタリウム) BORG(ボーグ) Canon(キャノン) CELESTRON(セレストロン) CentralDS(セントラルDS)
CORONADO(コロナド) Explore Scientific(エクスプローラー・サイエンティフィック) FLI(Finger Lake Instrument) FUJINON(フジノン) GITZO(ジッツォ) IDAS(アイダス) ioptron(アイオプトロン) jobu design(ジョブデザイン)
Kasai Trading(笠井トレーディング) K-ASTEC(ケー・アステック) Kendrick(ジムケンドリック) Kenko(ケンコー) Kowa(コーワ) KYOEI(キョウエイ) DiGiSCO.com(デジスコドットコム) Leica(ライカ)
LUNT SOLAR SYSTEMS(ラント ソーラー システム) Magellan(マゼラン) Manfrotto(マンフロット) MEADE(ミード) Nikon(ニコン) PENTAX(ペンタックス) QHYCCD SBIG(エスビーアイジー)
SIGHTRON(サイトロン) SkyWatcher(スカイウォッチャー) SLIK(スリック) STEINER(シュタイナー) SWAROVSKI(スワロフスキー) タカハシ(高橋製作所) Tele Vue(テレビュー) ToupTek(トゥープテック)
Unitec(ユニテック) Velbon(ベルボン) Vixen(ビクセン) WATEC(ワテック) Wimberley(ウィンバリー) ZEISS(ツァイス) ZWO 取扱いメーカー一覧

Central DS ASTRO6D (UV/IRカットフィルター仕様)

  、UV/IRカットフィルタ内臓タイプ。ノーフィルタで撮影してもカラーバランスが崩れない扱いやすさが魅力です。

Central DS ASTRO6D (UV/IRカットフィルター仕様)

価格:

360,000円 (税込 388,800円)

購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

商品のお届けについて
こちらの商品は、お取り寄せのため納期がかかる場合がございます。予めご了承ください。
正式な納期につきましては、別途ご案内させて頂きますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

クリアーフィルター仕様も同時発売


Central DS(セントラル DS) カメラ・デジカメ・CCD ASTRO 6D (UV/IRカットフィルター仕様)

フルサイズDSLR・EOS6Dの冷却改造モデル Central DS ASTRO6D(UV/IRカット仕様)がついに新発売!

■新たなスタイルの冷却改造カメラ

●Astro 6Dは一般的なCanonデジタル一眼レフカメラを改造したモデルです。Canonカメラが持つオリジナルの特長のいくつかの部分を外して、新たにTECクーリングとドロップインフィルターホルダーなどを加えた、ハイクオリティの天体写真撮像用カメラです。

●ベースとなったEOS6Dボディーの場合、カメラ本体の内部構造に余裕がないため、従来のモデル(40D/50D/60D)と同様の手法での冷却改造を行うことができませんでした。
しかしながら、イメージセンサー機構そのものをカメラボディーの外側に引き出すことで解決し、さらに、より効率的な冷却が可能となっただけではなく、様々なオプション・接続方法が利用できるメリットも得ることができました。

AStrO 6Dの特長

■A.イメージセンサーの位置を移動
  • EOS6Dを冷却改造するにあたり、カメラ本体の内部構造に余裕がなく、従来のモデルと同様の冷却改造を行うことができないため、イメージセンサをカメラボディー内から取り出し、レンズ方向に移動させた後に冷却システムを装着することとしました。
  • ただしこの場合、カメラのメイン基盤からイメージセンサーまでのコネクタケーブルの長さが長くなり、ノイズの増加や信号の遅延による問題が懸念されました。そのため、新たに製作したFPCコネクターケーブルはシールドをさらに強化し、メインボードで”メインフレーム”、”ヒートシンク”、”冷却機構部”、”アダプターリング基部”までを、一つの強化された回路を製作することで、ノイズを防ぐために最大限の努力をしました。
  • ケーブル延長後のテスト結果は非常にうまく動作し、ノイズの比較でも改造後の品質低下はないことが確認されました。おそらくCMOSセンサーからマザーボードまでデジタル信号のみが転送され、ケーブルもまた2ライン1組のペア・ケーブルになっており、元々がノイズに強い構造であり、さらに、強化させた回路もまた安定性に寄与したと考えらます。

■メリットに関して

1. パッケージに付属の「CMS-C(EOSマウントホルダー)」を併用すれば、正確なバックフランジ(44mm)で製作されていますので、当然なんら問題なくEFレンズが使用できますが、イメージセンサーをカメラボディーの外側にシフト配置した当製品では、従来品では「カメラボディーの厚み」により、光路上に配置が不可能だった(バックフランジ内に収めることのできなかった)様々なアイテムを組み込む余地が生まれました。  この余地を利用して”ドロップ・インフィルター機構”を標準装備させています。天体用にも各種様々に販売されている”48φ”および”52φ”のフィルターを、カメラボディーからレンズ(望遠鏡を使用した撮影システムからカメラボディー)をその都度外すことなく、ドロップ・インして使用することが可能です。

2. DSLR(デジタル一眼レフ)カメラは、写真撮影時ペンタプリズムに向かってミラーが上がり、レンズの光がイメージセンサーに到達するようになっていますが、この時、ミラーのホルダーがレンズからイメージセンサーに到達する光路を一部覆う現象が発生します。もちろん、この面積は、全体の光量中のわずかな領域(量)でしかありませんが、画面の明るさを不均一にする要因となるため、天体写真撮影時、特にモザイク画像を作成する場合は、深刻な障害要因となりうります。改造されたAstro 6Dは、イメージセンサの前面には何も存在しないため、ミラーホルダーを起因とする口径食を完全に取り除き、全体の領域に対して平坦な画像を得ることができます。

3. 冷却モジュールとヒートシンクが円柱形で、カメラボディとレンズ間に配置されており、既存のカメラのユーザーインターフェースと類似した形態として、既存のDSLRユーザー体験の延長線上にあるので、より身近な見た目になりました。

■デメリットに関して(一部の機能が制限されます)

1. Astro 6Dのシャッタースピードコントロール機能はBulb(バルブ)シャッターのみ有効です。これは、イメージセンサーをレンズ方向にシフト配置しているため、本来カメラボディー内に備わっているメカニカルシャッターを使用していません(できません)。メカニカルシャッターと電子シャッターを併用している一般的なデジタルカメラの露光量の制御は、電子シャッター開放 – 機械シャッター開放 – 機械シャッター閉 – 電子シャッター閉処理のように進行しますが、カメラが管理・認識する「実質的なシャッター時間」は、”メカニカルシャッターの開放から閉じるまで”の時間であり、改造によりメカニカルシャッターが存在しないため、センサーの露光量は、電子シャッターの開放から閉鎖までの時間となるため、設定されたシャッター時間よりも実際の露光量は多くなってしまいます。これは「長時間露光」の場合は問題になりませんが、”1秒以下の短い露光時間”では、露出時間が長くなるという問題が生じるためです。

2. 第二の欠点は、「DSR(一眼レフカメラ)」の本来の特長でもある光学ビューファインダーを使用することができないということです。しかしながら「天体写真撮影」を行う場合、現状では”液晶モニター上でのライブ・ビュー”ないし、”精細なピント出しを行うためにPC画面上での確認”が一般的なため、実用上不利な点とは言えません。

3. 本機は標準でEFマウントを装備していますが、あくまで各望遠鏡メーカーの”EOS用カメラマウント”を介して接続することを想定したものです。レンズマウントにはオートフォーカス、絞り優先AE、レンズ情報記録、超音波モーター用のパルス信号伝達などのための電気接点はありません。Canon-EFレンズを使用する場合でも、これらの機能は使えません。

4. ピントは常にマニュアルで行います。例えば200mm F1.8Lのようにカメラボディからの電源が必要なレンズは、このAstro 6Dカメラではピント調節はできません。

5. オリジナルCMOSセンサーのローパスフィルターは取り外されています。
[Astro 6D:クリアフィルター付きモデルの場合] センサーに記録される赤外線の色収差によって像がぼけることで、シャープネスに悪い影響が出ます。これは反射光学系より屈折光学系により多く表れます。撮像する時にはUV/IRカットフィルター、光害防止フィルター、ディープスカイフィルターなどを併用されることをお勧めします。

■B.新しい冷却システム

1. Passive Cooling:EOS6Dは、フルフレーム動画撮影が可能な優れたカメラです。しかし、動画撮影時のカメラの内部に位置するイメージセンサーの温度は周囲温度より約7度以上上昇することになります。これはノイズを作成し、画質劣化の主な原因となります。特に低照度の状況で撮影した動画であれば、この熱ノイズは克服すべき重要な課題であるといえます。  冷却改造されたAStrO6Dは、シリンダ型のボディを、3Dモデリングソフトによる3次元設計と、MCT機械による精密加工でヒートシンクを製作しています。ヒートシンクは、十分な放熱面積を有し、Excoolerを装着せずにTECクーラーに約4V直流電源を供給するPassive cooling modeで動作させると、イメージセンサーの温度を周囲の温度より約6度?7度の低く維持します。これは、冷却改造していない一般の6Dで動画撮影の状況と比較すると、イメージセンサーの温度が約14度?15度程度低くなり、熱ノイズの少ない優れた品質の動画撮影が可能です。そしてFanがないため、冷却による騒音の発生も全くありません。電源は12Vを4Vに変換して使用し、この時の消費電流は約0.8Ampと非常に小さく、12V-12Ah程度の容量のバッテリーで使用した場合、約15時間の連続駆動が可能です。

2. Active Cooling:着脱式のEXcoolerは、ヒートシンクに空気を吹き付け放熱効果を高めます。2つの40mmクーリングファンを駆動し、イメージセンサの温度を常温-18度程度(+2?-2度)に維持するように働きます。

3. 着脱式EXcooler:静音・高性能冷却ファンの代名詞であるAustria Noctua会社の40mm冷却ファンを2個使用し、低騒音・無振動の冷却を実現します。カメラ本体への装着は、ヒートシンク部低面の三脚固定用の穴に1/4″ネジを利用して固定します。12V DC電源をメインpower sourceで使用して冷却ファンに12V、TEC coolerに8.4V、canon camera partsに8Vを供給する電源装置を盛り込みました。

■C.冷却前後ダークフレームの比較

1. ASA1600、450秒、RAW、画像中央部500x500pixels(未処理)※温度データ記載なし

2. ASA1600、450秒、RAW、画像中央部500x500pixels(Photoshop Level255→30)※温度データ記載なし

■D.セット付属のアダプター一式

■E.各種システム接続例
▼ 使用例
推奨使用例


最も基本的な接続方法です。フランジバックも正確なので、EFレンズはもちろん、レデューサーなどの補正レンズを併用する場合でも問題ありません。
応用使用例

2インチ差し込みでの簡便な接続も可能です。(※この場合”ドロップインフィルター”機構は使用できませんのでご注意ください。)

望遠鏡側(カメラアダプター)が、”T2(M42mm/P0.75MM)ネジ”の規格しか使用できない場合の接続方法です。

望遠鏡側(カメラアダプター)が、”M48ワイド(M48mm/P0.75mm)ネジ”の規格しか使用できない場合の接続方法です。

一部のタカハシ鏡筒で、”M72(M72mm/P0.75mm)ネジ”にダイレクト接続させることも可能ですが、基本的にはEFマウントアダプターや、”T2”、”M48ワイド”システム用の「回転装置」を装着するためのネジです。

主な仕様
イメージセンサー 35.8×23.9mm(2020万画素) イメージプロセッサー DIGIC5+
ISO範囲 100〜25600 画像フォーマット JPEG、RAW(14bit、キヤノン独自)、RAW+JPEG同時記録可能
動画 ・1920×1080(Full HD):30p/25p/24p
・1280×720(HD):60p/50p
・640×480(SD):30p/25p
※ 30p:29.97fps、25p:25.00fps、24p:23.976fps、60p:59.94fps、50p:50.00fps
インターフェース USB 2.0 シャッター Focal-plane shutter
シャッター速度 30sec - 1/4000 sec, B shutter Live View 対応
撮影モード マニュアル/動画 Power 12V DC 2Ah
ソフトウェア提供 EOS Utility
OS環境 ・Windows 7(Starter Editionを除く全バージョンの32/64bitシステム用)
・Windows Vista※(Starter Editionを除く Service Pack 1/2の32/64bitシステム用)
・Windows XP Professional/Home Edition(Service Pack 3)
・Mac OS X 10.6.8、10.7
サイズ ***x**x**mm 重量 AStrO6D本体:1210g
EXcooler取付時:1390g
付加された機能 TEC冷却モジュール、ドロップインフィルターボックス
削除された機能 メカニカルシャッター、センサークリーニング、光学ビューファインダー機能
マウント EOS・EFマウント(付属のアクセサリー併用で、2インチスリーブアダプター、42T(42mmP0.75)、48mm(P0.75)、72mm(P0.75)接続にも対応)
冷却性能 最大:外気温 - 18℃    
アクセサリーセット ・CMS-C CanonEOSマウントアダプター(本体プリセット済み)
・Dth-1 デジタル温度計(CT-18コード付き)
・ECR-42 M42アダプターリング(T2マウント用アダプターリング)
・ECR-48 M48アダプターリング(M48マウント用アダプターリング)
・FR-1 回転装置
・PS1208 8V電源変換コード6D用(EXcoolerを使用しない時用)
・PS1204 4V電源変換コード冷却用(EXcoolerを使用しない時用)
・TNC-01 2インチスリーブアダプター(※ドロップインフィルターボックスの併用は不可)
・DFH-48 48mmフィルター用フィルター枠
・DFH-52 52mmフィルター用フィルター枠
・EC56 EXcooler(強制冷却ファンユニット。電源変換機能、CR-21コード同梱)
・PS-C1 シガーソケット電源コード
・PS-CA1 AC110-220V・ACアダプター(DC12V変換アダプター)
・PS-EC1 DC延長コード(12V電源の延長に使用)
・DB-C6 ダミーバッテリーパック(カメラ本体への電源供給用)


関連する商品はこちら

アイダス LPS-D1・M52mm

定価: オープン価格
20,000円(税込 21,600円)

アイダス HEUIB-IIフィルタ

定価: オープン価格
20,000円(税込 21,600円)

ページトップへ