ネイチャーショップKYOEI 大阪店…「アイダス LPS-D2 MFF-C2【新発売】」

天体望遠鏡や本格双眼鏡、天体観測・バードウオッチング機材の製造・販売。協栄産業株式会社。昭和34年創業。

  • マイページヘログインご利用案内お問い合せサイトマップ
カートをみる
FAX注文書
支払い方法:銀行振込/郵便振替/代金引換/低金利ローン/カード払い
低金利分割払
AstroArts(アストロアーツ) ASTRONOMIK(アストロノミック) BENRO(ベンロ) boader planetarium(バーダープラネタリウム) BORG(ボーグ) Canon(キャノン) CELESTRON(セレストロン) CentralDS(セントラルDS)
CORONADO(コロナド) Explore Scientific(エクスプローラー・サイエンティフィック) FLI(Finger Lake Instrument) FUJINON(フジノン) GITZO(ジッツォ) IDAS(アイダス) ioptron(アイオプトロン) jobu design(ジョブデザイン)
Kasai Trading(笠井トレーディング) K-ASTEC(ケー・アステック) Kendrick(ジムケンドリック) Kenko(ケンコー) Kowa(コーワ) KYOEI(キョウエイ) DiGiSCO.com(デジスコドットコム) Leica(ライカ)
LUNT SOLAR SYSTEMS(ラント ソーラー システム) Magellan(マゼラン) Manfrotto(マンフロット) MEADE(ミード) Nikon(ニコン) PENTAX(ペンタックス) QHYCCD SBIG(エスビーアイジー)
SIGHTRON(サイトロン) SkyWatcher(スカイウォッチャー) SLIK(スリック) STEINER(シュタイナー) SWAROVSKI(スワロフスキー) タカハシ(高橋製作所) Tele Vue(テレビュー) ToupTek(トゥープテック)
Unitec(ユニテック) Velbon(ベルボン) Vixen(ビクセン) WATEC(ワテック) Wimberley(ウィンバリー) ZEISS(ツァイス) ZWO 取扱いメーカー一覧

アイダス LPS-D2 MFF-C2【新発売】

 

アイダス LPS-D2 MFF-C2【新発売】

定価:
オープン価格
価格:

32,000円 (税込 34,560円)

購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

IDAS(アイダス) 天体望遠鏡パーツ 汎用光害カットフィルター MFF-C2

現在、蛍光灯や水銀灯が急速にLED光源へチェンジしている昨今、
世界初となる白色LED光害を考慮したLPS-D2の登場です。

IDAS LPS-D1は、改造デジタルカメラ及びワンショット冷却CCD向けに最適化した、汎用光害カットフィルターです。 LPS-P2や他社のLPS-P2コピー品に見られる赤カブリを、LPS-D1では低減し、Hα輝線星雲を強調します。 尚、改造デジカメがUIBAR-IIIに換装されている場合はLPS-P2もLPS-D1も同様の赤カブリで低減の効果は出ません。 UIBAR、UIBAR-II、SBAR、他社製クリアー、各々に換装したデジカメとローパスレス改造のデジカメに効果があります。 また、眼視、フィルム撮影ではLPS-P2と同等に使用可能です。

IDAS LPS-D2は、LED光害を抑制する世界初の天文用光害カットフィルターです。 LEDと同時に高圧ナトリウム灯、低圧ナトリウム灯の光害も抑制します。 ワンショットカラー冷却カメラに使用すると、従来の光害カット(LPS-V4を除く)に比べ青被りを低減できます。 LPS-D2は、LPS-D1、LPS-V4、HEUIB-II等で採用している IGAD(Ion-Gun Assist Deposition)によりコーティングされています。 IGADは干渉フィルターの心臓部である多層薄膜を高密度化するもので、従来の多層薄膜で得られない以下の物性が得られます。

  1. 薄膜の耐久性が更に良くなりました。各フィルターの薄膜の硬さは石英ガラスに匹敵します。
    また、多層薄膜とフィルター基板の密着性も著しく改善されています。
  2. 温度、湿度による分光特性の経時変化は人間が生活している環境内では全くと言って良いほどありません。
※水銀灯光害との相性 下記グラフのように水銀灯の輝線数の3/5をカットしますが、透過している436nmと547nmの二つの輝線はカメラの高感度波長域に有り、実質1/3の輝線数しかカットしていません。このため水銀灯や蛍光灯光害下ではシアンや緑の被りとなります。

※本製品は干渉フィルターです。光線入射角による分光特性の変化があります。
下記ご利用方法をお読みください。

レンズの前方にLPS-D1を配置した時

光線入射角17゜(画角34゜)以内のレンズでご利用ください。










レンズとカメラ間にLPS-D1配置した時。(EOS-MFA 37mmやFFなど)

カメラの撮像素子サイズがAPS-Cに、バックフォーカス(※)40mm以上、F値2以上以のレンズを使用すれば、光線入射角は20゜を超える事はなく、フィルターに対する光束の平均最大入射角は約17゜以内に収まります。 上記機材条件であればレンズの画角制限はほぼ無くなります。

 
28mmF2.8 50mmF2.0

※フランジバックフォーカスではありません。


汎用光害カットフィルター LPS-D2シリーズ LINE UP
サイズ サイズ
MFA ○MFA-CM
○MFA-S MFF-C2
○MFF-S2 M48mm
M52mm

ページトップへ