ネイチャーショップKYOEI 大阪店…「タカハシ FSQ-85EDP 鏡筒+K-ASTECバンドセット」

天体望遠鏡や本格双眼鏡、天体観測・バードウオッチング機材の製造・販売。協栄産業株式会社。昭和34年創業。

  • マイページヘログインご利用案内お問い合せサイトマップ
カートをみる
FAX注文書
支払い方法:銀行振込/郵便振替/代金引換/低金利ローン/カード払い
低金利分割払
AstroArts(アストロアーツ) ASTRONOMIK(アストロノミック) BENRO(ベンロ) boader planetarium(バーダープラネタリウム) BORG(ボーグ) Canon(キャノン) CELESTRON(セレストロン) CentralDS(セントラルDS)
CORONADO(コロナド) Explore Scientific(エクスプローラー・サイエンティフィック) FLI(Finger Lake Instrument) FUJINON(フジノン) GITZO(ジッツォ) IDAS(アイダス) ioptron(アイオプトロン) jobu design(ジョブデザイン)
Kasai Trading(笠井トレーディング) K-ASTEC(ケー・アステック) Kendrick(ジムケンドリック) Kenko(ケンコー) Kowa(コーワ) KYOEI(キョウエイ) DiGiSCO.com(デジスコドットコム) Leica(ライカ)
LUNT SOLAR SYSTEMS(ラント ソーラー システム) Magellan(マゼラン) Manfrotto(マンフロット) MEADE(ミード) Nikon(ニコン) PENTAX(ペンタックス) QHYCCD SBIG(エスビーアイジー)
SIGHTRON(サイトロン) SkyWatcher(スカイウォッチャー) SLIK(スリック) STEINER(シュタイナー) SWAROVSKI(スワロフスキー) タカハシ(高橋製作所) Tele Vue(テレビュー) ToupTek(トゥープテック)
Unitec(ユニテック) Velbon(ベルボン) Vixen(ビクセン) WATEC(ワテック) Wimberley(ウィンバリー) ZEISS(ツァイス) ZWO 取扱いメーカー一覧

タカハシ FSQ-85EDP 鏡筒+K-ASTECバンドセット

  

タカハシ FSQ-85EDP 鏡筒+K-ASTECバンドセット

価格:

320,000円 (税込 345,600円)

バンドタイプ:
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

▼FSQ-106EDのセットはこちら

タカハシ(高橋製作所) 鏡筒 タカハシ FSQ-85EDP鏡筒+
K-ASTECバンドセット


ビクセンGP、SX赤道儀のアリガタや、K-ASTE DS-45にマッチする 「ビクセン アリガタタイプ」か、ロスマンディ、CGEM赤道儀のアリガタや、K-ASTEC DS75シリーズにマッチする「3インチアリガタタイプ」のいずれかをお選び下さい。


セット内容(ビクセンアリガタタイプ)
タカハシ FSQ-85EDP
K-ASTEC TB-95N
K-ASTEC TP-60-152(トッププレート)
K-ASTEC TP-60-222(ベースプレート)
KYOEI 汎用アリミゾDX
KYOEI M8低頭x16x2

セット内容(3インチアリガタタイプ)
タカハシ FSQ-85EDP
K-ASTEC TB-95N
K-ASTEC TP-60-152(トッププレート)
K-ASTEC DP75-222 (ベースプレート)


K-ASTEC SP50-15(スペーサープレート)
スペーサープレートのSP50-15です。
販売価格:3,780円(税込) 購入数: 個 
K-ASTEC 傾斜キャリングハンドル
新規格のTP60-152、222には傾斜したキャリングハンドルが対応します。
傾斜しているので小型ガイドシステムも搭載可能です。

販売価格:1,620円(税込) 購入数: 個 

主な特長

トッププレートにガイド鏡をポン付け可能


※上記写真はFSQ-85EDと旧型K-ASTECバンドのセットです

■フラットナー1.01×
FSQ-85EDPは、コンパクト機ということを意識して光学系の企画・設計をおこなった鏡筒で、中心からフルサイズのイメージサークルであるφ44mmまでを重視した製品です。 画面中心からφ20mmほどまではシャープな星像ですが、φ44mm (35mmの四隅)では約30ミクロンとやや平坦性が劣ります。
FSQ-85EDの発売当時はAPS-Cサイズのデジタル一眼レフカメラや冷却CCDが主流でしたから、必要にして十分な光学系でした。 最近はフルサイズ以上のデジタルカメラやCCDカメラで撮像するユーザーが増えてきて、このクラスの口径でもペッツバールタイプの性格である、周辺の非点収差が目に付くようになってきました。
フラットナー1.01×を使用することで、主焦点での軽い像面湾曲と非点収差をフルサイズの範囲までほぼ完全に補正し、フラットな像面になります。焦点距離は若干伸びて455mm f/5.4になりますが、FSQ-85EDPならではの中心像のシャープさがフルサイズの領域まで続き、イメージサークルは小さいですがFSQ-106EDに引けを取らないシャープな光学系にアップグレードできます。


■レデューサーQE0.73×(レデューサーCR0.73x)
レデューサーQE0.73×を使用すれば、327mm f/3.8 というカメラレンズ並の焦点距離と明るさで、収差性能では高性能望遠レンズを上回ります。フルサイズの四隅(φ44mm)あたりでも30ミクロン以下の星像です。

レデューサーとフラットナーをβ-SGR電動フォーカサーシステムで使用する場合、レデューサーはレデューサーCR0.73×をお選びいただくと、ご購入いただく部品が少なくなります。
併用時の仕様はレデューサーQE0.73×と同じです。 
(KYOEI注:レデューサーQE0.73xとレデューサーCR0.73xは、同じレンズを違う金物に納めたもので、光学性能は同一です。)


※フラットナー焦点で使用する際には下記が必要です。(従来式FSQ-85ED鏡筒に比べシンプルなシステムになりました。)
※レデューサー焦点で使用する際には下記が必要です。
FSQ-85ED 鏡筒
形式 改良型ペッツバールアポクロマート 有効口径 85mm
焦点距離/口径比 450mm/1:5.3 イメージサークル φ44mm
鏡筒径 95mm 鏡筒全長 623mm(フード収納時 535mm)
質量 約3.6kg ファインダー オプション

ページトップへ