ネイチャーショップKYOEI 大阪店…「ユニテック SWAT-mini 」

天体望遠鏡や本格双眼鏡、天体観測・バードウオッチング機材の製造・販売。協栄産業株式会社。昭和34年創業。

  • マイページヘログインご利用案内お問い合せサイトマップ
カートをみる
FAX注文書
支払い方法:銀行振込/郵便振替/代金引換/低金利ローン/カード払い
低金利分割払
AstroArts(アストロアーツ) ASTRONOMIK(アストロノミック) BENRO(ベンロ) boader planetarium(バーダープラネタリウム) BORG(ボーグ) Canon(キャノン) CELESTRON(セレストロン) CentralDS(セントラルDS)
CORONADO(コロナド) Explore Scientific(エクスプローラー・サイエンティフィック) FLI(Finger Lake Instrument) FUJINON(フジノン) GITZO(ジッツォ) IDAS(アイダス) ioptron(アイオプトロン) jobu design(ジョブデザイン)
Kasai Trading(笠井トレーディング) K-ASTEC(ケー・アステック) Kendrick(ジムケンドリック) Kenko(ケンコー) Kowa(コーワ) KYOEI(キョウエイ) DiGiSCO.com(デジスコドットコム) Leica(ライカ)
LUNT SOLAR SYSTEMS(ラント ソーラー システム) Magellan(マゼラン) Manfrotto(マンフロット) MEADE(ミード) Nikon(ニコン) PENTAX(ペンタックス) QHYCCD SBIG(エスビーアイジー)
SIGHTRON(サイトロン) SkyWatcher(スカイウォッチャー) SLIK(スリック) STEINER(シュタイナー) SWAROVSKI(スワロフスキー) タカハシ(高橋製作所) Tele Vue(テレビュー) ToupTek(トゥープテック)
Unitec(ユニテック) Velbon(ベルボン) Vixen(ビクセン) WATEC(ワテック) Wimberley(ウィンバリー) ZEISS(ツァイス) ZWO 取扱いメーカー一覧

ユニテック SWAT-mini 

ユニテック SWAT-mini 

定価:
オープン価格
価格:

26,000円 (税込 28,080円)

本体カラー:
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ユニテック SWAT-300S SWATシリーズの最高峰!「ユニテック SWAT-350」 SWAT-350の設計思想を忠実に継承 「ユニテック SWAT-300」
unitec オルゴール駆動のユニークなポータブル赤道儀「SWAT-mini(スワット・ミニ)」 ユニテック SWAT-200・メタリック

Unitec(ユニテック) 赤道儀・架台 SWAT-mini (スワット・ミニ) 【極軸粗動回転機構付き】

オルゴール駆動で電源不要、南半球にも対応。軽量コンパクトなポータブル赤道儀。

SWAT-miniは、オルゴールを動力とした電池不要のとてもユニークな南半球対応のミニ赤道儀です。すでに株式会社輝星から「MusicBOX EQII」として発売されているモデルに、構図の決定に便利な極軸を粗動回転できるターンテーブルを装備。またSWATの末弟にふさわしい高級塗装を施しました。カラーはトワイライトブルーメタリック、パールホワイトの2色からお選びいただけます。
内蔵されたウォームホイールは直径160mm、歯数288枚相当で大型赤道儀並みの大きさとなり、追尾精度は公称で50mm標準レンズを5分間追尾可能としています。ピリオディックモーションは驚くほど小さく、300mm望遠レンズを1分以内の露出で常用されているユーザーさんもいます。 搭載のオルゴールは本機のために特別に生産された長時間駆動タイプで実質約5分間の最長駆動時間となります。
SWAT-miniの本体は非常に軽量コンパクトにまとめられており、サイズは約140×100×70mm(ネジ部分含まず)、重さは約720gですので、ご旅行などにもお気軽にお持ち運びいただけます。初心者の方の入門ポータブル赤道儀として、あるいはベテランの方のサブ機としても充分に機能するユニークな赤道儀です。

主な特長

■スムーズな粗動回転を実現するターンテーブル

ポータブル赤道儀は極軸の粗動回転を装備していないものが多く、構図を雲台に頼るために向けられない方向が出てきたり、アクセサリーが装着できなかったり、微調整がやりにくかったりと何かと不便です。SWAT-miniには、直径約50mm、高さ約22mm(ネジ部を含まず)の軽量コンパクトに設計された粗動回転機構付きのターンテーブルを標準装備し、使い勝手を大幅に向上させています。自由雲台と組み合わせてのご使用の他、画面に地平線を入れず赤経・赤緯に沿った縦構図にする場合は、オプションのシンプルフォークを装着すれば、とてもスマートで使いやすい2軸のポータブル赤道儀になります。ターンテーブル上にはカメラネジの他、M6のネジ穴が35mm間隔で開けてありますので、シンプルフォーク以外にも、さまざまなオプションパーツに対応します。

メインクランプは真鍮削り出しクロームメッキ仕様の大型で使いやすい形状をしています。
ターンテーブルにオプションのシンプルフォークを装着したところ。
軽量なので、SWAT-miniにベストマッチです。下はカメラを搭載した参考例です。


■充分な設置精度の北極星のぞき穴

北極星のぞき穴の中心に北極星を入れるだけでも焦点距離100mmのレンズを3〜4分追尾できる設置精度に極軸セッティングできます。また、のぞき穴の内側にドーナツ状の夜光テープが貼ってあるため、さらに極軸設置がしやすくなっています。
デジタル時代になって露出時間が短縮された現在。それにともなって極軸の設置精度も緩くてすみます。フィルム時代の10分の1の露出なら極軸の設置精度も10分の1で構わないのです。
画像の2WAY傾斜ウェッジ(別売)の底面には1/4インチカメラネジ(太ネジにも対応)が切ってありますので、一般のカメラ三脚に取り付けられるほか、テーパーキャッチャー極軸微動ユニットにもワンタッチで取り付けられます。

■およその傾斜角度がわかる簡易目盛り

SWAT-miniの側面には、およその傾きがわかる傾斜目盛りを印刷したシールが貼ってあります。超広角レンズなどでの撮影で極軸の設置精度を要求されない場合などに方位磁石とともにご利用いただくと便利です。

■頑丈なアルミシャーシで挟まれた高精度内部機構

内蔵されたウォームホイールは直径160mm、歯数288枚相当で大型赤道儀並みの大きさとなり、ゼンマイを巻き上げるとギヤの同じ部分を反復し常にコンディションが同じになることから、ピリオディックモーションは驚くほど小さく高精度な追尾を実現します。また、SWAT-miniのギアまわりは頑丈なアルミの板でサンドイッチされています。充分な強度を持たせることで、耐荷重2kgを余裕を持って確保しています。

■特注の長時間駆動オルゴール駆動で安定追尾

搭載のオルゴールは、本機のために特別に生産された長時間駆動タイプで音楽はキラキラ星です。一回巻き上げると約7分間駆動します。ただし、最初の1分間は反復したギヤを馴染ませるための慣らし運転とし、最後の約1分間は速度が不安定なため撮影に使わないようにします。そのため実質約5分間が最長駆動時間となります。オルゴールの速度は時計ほどではないにしても、かなり安定しているため、50mm標準レンズを5分間追尾が可能です。オルゴールの音楽は消音することもできますが自己責任となります。

■ボディカラーは高級メタリック塗装の2色をご用意

SWAT-miniのボディカラーは、上級機SWAT-200ゆずりのトワイライトブルーメタリック、パールホワイトの2色からお選びいただけます。写真ではお伝えしきれないのですが、高級乗用車並の美しい仕上げとなっています。その仕上がりをぜひ店頭でお確かめください。きっとご満足いただけると思います。

SWAT-miniの主な仕様
形式 星野写真撮影用小型赤道儀 追尾 恒星時/北半球・南半球対応
ギヤ ウォームホイールによる部分微動/直径160mm・歯数288枚相当
駆動 日本電産サンキョー製
特注オルゴール駆動
駆動時間 約7分間駆動、
実用は約5分間
搭載可能重量 約2kg 極軸望遠鏡 視界約5度の素通し穴
電源 不要 質量 約720g
大きさ 約141×100×72mm(ネジのハンドル部分や突出部を除く)
その他 別売アクセサリーとして、シンプルフォークダブル雲台ベース極軸微動ユニット2WAY傾斜ウェッジなど多彩なオプションをご用意しています。

関連する商品はこちら

スリック バル自由雲台 【特価品】

定価: 8,640円(税込)
3,800円(税込 4,104円)

ページトップへ