ネイチャーショップKYOEI 大阪店…「ビクセン AXD赤道儀+AXD-TR102三脚 【展示処分品】」

天体望遠鏡や本格双眼鏡、天体観測・バードウオッチング機材の製造・販売。協栄産業株式会社。昭和34年創業。

  • マイページヘログインご利用案内お問い合せサイトマップ
カートをみる
FAX注文書
支払い方法:銀行振込/郵便振替/代金引換/低金利ローン/カード払い
低金利分割払
AstroArts(アストロアーツ) ASTRONOMIK(アストロノミック) BENRO(ベンロ) boader planetarium(バーダープラネタリウム) BORG(ボーグ) Canon(キャノン) CELESTRON(セレストロン) CentralDS(セントラルDS)
CORONADO(コロナド) Explore Scientific(エクスプローラー・サイエンティフィック) FLI(Finger Lake Instrument) FUJINON(フジノン) GITZO(ジッツォ) IDAS(アイダス) ioptron(アイオプトロン) Kasai Trading(笠井トレーディング)
K-ASTEC(ケー・アステック) Kendrick(ジムケンドリック) Kenko(ケンコー) Kowa(コーワ) KYOEI(キョウエイ) DiGiSCO.com(デジスコドットコム) Leica(ライカ) LUNT SOLAR SYSTEMS(ラント ソーラー システム)
Magellan(マゼラン) Manfrotto(マンフロット) MEADE(ミード) Nikon(ニコン) PENTAX(ペンタックス) SONY(ソニー) SBIG(エスビーアイジー) SIGHTRON(サイトロン)
SkyWatcher(スカイウォッチャー) SLIK(スリック) STEINER(シュタイナー) SWAROVSKI(スワロフスキー) タカハシ(高橋製作所) Tele Vue(テレビュー) ToupTek(トゥープテック) U-HAN(ユーハン工業)
Unitec(ユニテック) Vanguard(バンガード) Velbon(ベルボン) Vixen(ビクセン) WATEC(ワテック) Wimberley(ウィンバリー) ZEISS(ツァイス) 取扱いメーカー一覧

【KYOEI大阪店 臨時休業のご案内】…5月31日(水)は、ビル内電気工事に伴う停電のため、臨時休業とさせて頂きます。
ご迷惑をおかけいたしますが何卒よろしくお願い申し上げます。

ビクセン AXD赤道儀+AXD-TR102三脚 【展示処分品】

展示品処分特価!光害地でも扱いやすいSX極望仕様です! 

ビクセン AXD赤道儀+AXD-TR102三脚 【展示処分品】

定価:
1,231,200円(税込)
価格:

828,000円 (税込 894,240円)

購入数:
友達にメールですすめる



程度 A
付属品等 AXD元箱、保証書他一式付。
説明 若干の展示に伴うスレ・キズがございますが、屋外使用なしの美品です。
梱包資材準備の上発送いたしますので、お届けまで数日頂戴いたします。予めご了承ください。

セット内容
AXD赤道儀(旧SX極望仕様)
AXD-TR102 三脚

Vixen(ビクセン) 赤道儀・架台 AXD赤道儀(旧SX極望仕様)+AXD-TR102三脚

「ATLUX」シリーズ3代目となる「AXD」赤道儀

ビクセンを代表する大型赤道儀「アトラクス」。
当時、最高性能と評価された“初代”、性能を引き継ぎながら使いやすさを追求した“二代目”。

それぞれ各時代の先端をリードしてきましたが、ここ最近は高感度・高画質デジタル一眼レフカメラでの短時間露光による天体撮影が可能となり、天体望遠鏡の使用スタイルに変革が起きています。

この変革に対応するためにビクセンでは、デジタル一眼レフの細かいピクセルに対応する高精度・高機能赤道儀であり、それと同時にビクセンの基本スタンスである「誰にでもすぐに使える扱いやすい天体望遠鏡」である「AXD赤道儀」を誕生させます。

「AXD赤道儀」は、ベテランの方に「高機能・高精度を最大限に活かしてのハイレベルな観測や撮影」を実現し、天体ビギナーの方にとっては「扱いやすさと高い性能によって、天体写真撮影のノウハウの蓄積がなくとも、クオリティの高い作品が撮影できる」赤道儀となっています。
ベテランから初心者までを問わず、付属するコントローラー「STARBOOK TEN」がユーザーインターフェースとなり、赤道儀の「難しさ」を感じさせません。

『AXD(ATLUX DELUX)赤道儀』の主な特徴

AXD 赤道儀は、“心地よさ”とともにあなたを星空へと誘う。

●高耐荷重、高剛性、運搬性
赤経軸(極軸)及び赤緯軸に、超々ジュラルミン材を採用。アルミニウム合金材の中で最高の強度を有する合金材であり、高強度と軽量材の代名詞である「チタン材」に比べ、機械的強度(引っ張り強度)は上回り、比重(g/3)も約38%も軽い材料で高価な「超々ジュラルミン」を主要な各軸部に使用し、高剛性を保ちながら軽量化をはかり、耐荷重30 圓鮗存宗

●究極のピリオディックモーション補正システム“V-PEC”を搭載
AXD赤道儀本体側に”V-PEC”機能を搭載。“V-PEC”とは、工場出荷時、赤道儀個々に記録した不揮発PECです。 高精度エンコーダを使用した精密測定の結果から記録をするので、 究極とも言えるピリオディックモーション±4秒という極めて高い追尾性能を赤道儀個々に与えます。(※1)
※1… “V-PEC”は赤道儀の追尾とともに常時機能します。

●21個のベアリングを使用
AXDには21個ものベアリングを使用。滑らかでストレスの無い動きと高精度自動導入、さらには夜間の観測で気になる静音化を実現。

●パルスモーター&マイクロステップ駆動
モーターには、DCサーボモーターよりも高精度で応答性の良いパルスモーターを採用。パルスモーターの動作特性である振動の発生を、新コントローラー「STAR BOOK TEN」のマイクロステップ駆動制御により約400PPS(1 秒間に400 パルス)という高速パルスを発生しモーターを作動させることで解決。非常に滑らかで振動の少ない追尾を可能に。高倍率の観察時やピクセルサイズの小さいCCDによる撮影時にも威力を発揮。高速パルス発生時にも、トルクを十分に確保。

●大型高精度ウォームホイール
赤経φ135仍数270枚、赤緯φ108仍数216枚。高精度加工された真鍮製ウォームホイール・ウォーム軸を採用し、
極めて安定した高精度追尾を実現。

●駆動部のバッククラッシュの低減
パルスモーターのマイクロステップ駆動制御により、低速から高速までをモーター単体で対応することが可能となり、
多数の歯車を使用した減速ギアヘッドを削減し、バッククラッシュの発生を低減。

●バランスウエイト低減構造
質量のある駆動機構部の全てを、赤緯体下部に集約。不動点より下側に重心を移動させることでバランスウエイトの役目を果たし、
不動点より上側を極力短くすることで搭載物による慣性モーメントを低減。

『STAR BOOK TEN コントローラー』の特徴

STAR BOOK TEN は、星空の“美しさ”をあなたに伝える。

●ワイド画面&高解像度液晶
「STAR BOOK TEN コントローラー」には、TFT 型5インチカラーワイドの高解像度液晶画面(WVGA:800×480=384000pxl)を採用。
1670万色。可変バックライト付。

●夜間表示設定(ナイトビジョンモード)
画面設定の変更のより、暗順応した目を保護する赤色発光が可能。

●高速CPU を搭載
CPUには32bit,324MHzを使用。「STAR BOOK コントローラー」に比べて、星図の描写や操作の反応性で約5倍のスピードを実現。

●記憶天体数272,342個
記憶天体数は、「STAR BOOK コントローラー」の約10倍の272,342個。
導入可能な天体は、メシエ109天体・NGC7,840天体・IC5,386天体、惑星・太陽・月の10天体。

●設定維持機能(アライメント維持)
大容量のバックアップメモリにより、望遠鏡を動かさない状態であれば電源をOFFにしてもアライメント情報を維持。

●PPEC機能
AXD赤道儀本体に記録されている“V-PEC”機能以上のPM 補正を行う“PEC”機能が、電源をOFFにしても記録維持。
(記録維持、消去、機能停止が可能)

●赤く光る操作ボタン照明
夜間操作用に、操作ボタンに明るさの輝度調整可能な赤色照明を内蔵。

●月・惑星・彗星・人工衛星の追尾
軌道要素が登録してあれば、彗星や人工衛星の自動導入・追尾が可能。

●ユーザー座標が登録可能
思い出のある天体や撮影対象の天体の赤経赤緯座標や地上物の高度方位座標が登録可能。

●拡張スロット装備
オートガイド機能を搭載した拡張ユニット(別売)に対応。
従来は外付けであったオートガイダーをコントローラーのビルドインすることで一元化。
※拡張ユニット機能について、現時点ではオートガイド機能以外は未定です。

筒受部について

<参考(試してみました)>真ん中の銀色の円形プレート部はボルトをゆるめれば、取り外しが可能でした。

主な仕様
▼ 「架台部:AXD 赤道儀」主な仕様
赤経微動 ウォームホイールによる全周微動、
φ135mm・歯数270 枚、材質:真鍮
赤緯微動 ウォームホイールによる全周微動、
φ108mm・歯数216 枚、材質:真鍮
ウォーム軸 真鍮製φ14.5mm 材質:真鍮
赤経軸 φ50mm・材質:超超ジュラルミン 赤緯軸 φ50mm・材質:超超ジュラルミン
ベアリング数 21個 ウェイト軸 φ25mm・本体収納式、ステンレス製
赤経座標表示 赤経目盛環1 目盛10m(時角)・バーニャにより1m(時角)単位で読み取り可能
赤緯座標表示 赤緯目盛環1 目盛2°・バーニャにより10′(約0.167°)まで読み取り可能
極軸望遠鏡 内蔵式6 倍20mm・実視界8°、水準器・明視野照明内蔵。据付精度約3′
時刻目盛:1 目盛10 分単位、範囲:16 時〜翌8 時 月日目盛:1 目盛2 日単位
経度差補正:1 目盛5°単位。標準子午線から±20°以内で対応
北半球:北極点導入目盛仕様(2025 年まで対応)
南半球:八分儀座4 星導入スケール仕様、明視野照明内蔵
方位微動 ダブルスクリュー式微動ネジ付:1 回転約1°(粗動:360°、微動:約±7°)
高度微動 ダブルスクリュー式微動ネジ付:1回転約0.5°(トンボネジ)
高度0〜70°(微動範囲±15°)、目盛2°間隔 3 段階使用可(高緯度、中緯度、低緯度対応)
駆動 パルスモーターによる電動駆動、マイクロステップ駆動(400pps)
自動導入・追尾装置 STAR BOOK TEN コントローラーによる自動導入、高精度追尾。最高800 倍速(対恒星時)
搭載可能重量 最大約30kg(最大モーメント荷重750kg・cm:不動点より25cm で約30kg)
電源・消費電流 DC12V・0.45〜2.5A *電源別売 大きさ 457×465×152mm
重さ 約25kg(ウェイト別) ウェイト ウェイト7圈▲ΕДぅ1.5
▼ 「STAR BOOK TEN コントローラー」主な仕様
CPU 32bit RISC Processor 324MHz 電源端子 DC12V EIAJ RC5320A Class4
画面 TFT型5インチカラー液晶画面 WVGA(800×480=384000pxl) 65,536色・可変バックライト付
オートガイダー端子 6極6芯モジュラージャック 赤道儀側接続端子 D-SUB9PIN
LAN接続端子 10BASE-T 電源 観測時は赤道儀側より供給(DC12V)
メモリー電池 CR2032 消費電力 STAR BOOK TEN 単独使用時:
約0.5W(最大)
大きさ/重さ 169x154x30 弌380g(内蔵時計用メモリー電池・拡張ユニット・ケーブル類を除く)
機能・その他 LAN接続によるバージョンアップ対応・動作温度0〜40℃

関連する商品はこちら

ビクセン AXD赤道儀PFL

定価: 1,058,400円(税込)
933,334円(税込 1,008,000円)

ビクセン AXD用アルミケース

定価: 70,200円(税込)
58,477円(税込 63,155円)

ビクセン AXDハーフピラー

定価: 60,480円(税込)
50,400円(税込 54,432円)

ビクセン AXD-TR102 三脚【即納】

定価: 172,800円(税込)
144,000円(税込 155,520円)

ビクセン ピラー脚AXD-P85DX

定価: 216,000円(税込)
160,000円(税込 172,800円)

ビクセン AXDウエイト1.5kg

定価: 6,480円(税込)
5,400円(税込 5,832円)

ビクセン AXDウエイト3.5kg

定価: 12,960円(税込)
10,800円(税込 11,664円)

ビクセン AXDウエイト7kg

定価: 17,280円(税込)
14,400円(税込 15,552円)

ビクセン AXDマルチプレート

定価: 35,640円(税込)
29,700円(税込 32,076円)