ネイチャーショップKYOEI 大阪店…「ビクセン SDレデューサーHDキット【7月14日発売!】」

天体望遠鏡や本格双眼鏡、天体観測・バードウオッチング機材の製造・販売。協栄産業株式会社。昭和34年創業。

  • マイページヘログインご利用案内お問い合せサイトマップ
カートをみる
FAX注文書
支払い方法:銀行振込/郵便振替/代金引換/低金利ローン/カード払い
低金利分割払
AstroArts(アストロアーツ) ASTRONOMIK(アストロノミック) BENRO(ベンロ) boader planetarium(バーダープラネタリウム) BORG(ボーグ) Canon(キャノン) CELESTRON(セレストロン) CentralDS(セントラルDS)
CORONADO(コロナド) Explore Scientific(エクスプローラー・サイエンティフィック) FLI(Finger Lake Instrument) FUJINON(フジノン) GITZO(ジッツォ) IDAS(アイダス) ioptron(アイオプトロン) jobu design(ジョブデザイン)
Kasai Trading(笠井トレーディング) K-ASTEC(ケー・アステック) Kendrick(ジムケンドリック) Kenko(ケンコー) Kowa(コーワ) KYOEI(キョウエイ) DiGiSCO.com(デジスコドットコム) Leica(ライカ)
LUNT SOLAR SYSTEMS(ラント ソーラー システム) Magellan(マゼラン) Manfrotto(マンフロット) MEADE(ミード) Nikon(ニコン) PENTAX(ペンタックス) QHYCCD SBIG(エスビーアイジー)
SIGHTRON(サイトロン) SkyWatcher(スカイウォッチャー) SLIK(スリック) STEINER(シュタイナー) SWAROVSKI(スワロフスキー) タカハシ(高橋製作所) Tele Vue(テレビュー) ToupTek(トゥープテック)
Unitec(ユニテック) Velbon(ベルボン) Vixen(ビクセン) WATEC(ワテック) Wimberley(ウィンバリー) ZEISS(ツァイス) ZWO 取扱いメーカー一覧

ビクセン SDレデューサーHDキット【7月14日発売!】

  

ビクセン SDレデューサーHDキット【7月14日発売!】

定価:
60,480円(税込)
価格:

56,000円 (税込 60,480円)

鏡筒:
購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

Vixen(ビクセン) 天体望遠鏡パーツ:天体アクセサリー SDレデューサーHDキット

星雲の写真を撮ろう!

SD81S、SD103S、SD115S鏡筒用の高性能フラットナーレンズとレデューサーレンズおよび接続リングのセット※です。像面の平坦化により写真性能が向上、また焦点距離を約0.79倍に短縮します。
SDシリーズ鏡筒で2つの焦点距離による高レベル直焦点天体撮影をお楽しみいただけます。

主な特長

■フルサイズ一眼カメラの写野全面シャープな星像

SDフラットナーHDはSDシリーズ鏡筒の焦点距離変化を最小限に抑えつつ直焦点による平面性を改善、写真性能が大幅に向上します。イメージサークルΦ44mmを確保、フルサイズ一眼カメラの写野をカバーできます。
また、セットに含まれるレデューサーHDとの併用によりイメージサークルΦ44mmを維持しながら焦点距離を約0.79倍に短縮(F7.7→6.1)。さらにシャープネスも大幅に向上、フルサイズ一眼カメラの写野全面にわたり鋭い星像が得られます。

■高コントラスト!ASコーティング採用!

レンズ面にはVSD100F3.8、コレクターPHで定評のある高品位反射防止コーティング:ASコーティング(1面当たり透過率99.9%以上)を採用。さらに丁寧なつや消しなどを施し内面反射と光量ロスを徹底排除しています。

■AX103S、VC200Lに対応
付属品のひとつ、レデューサーHDはAX103S、VC200Lでレデューサーとして使用できます。

AX103Sはフラットナーレンズを内蔵しており、鏡筒単体でも高い写真性能を持ちます。このため、SDフラットナーHDを併用せず、レデューサーHDをそのまま使用できます。
AX103Sではイメージサークル44mmでフルサイズ一眼カメラの写野をカバーします。

VC200Lはフラットナーレンズを内蔵しており、鏡筒単体でも高い写真性能を持ちます。このため、SDフラットナーHDを併用せず、レデューサーHDをそのまま使用できます。
VC200Lではイメージサークル36mm(最周辺光量60%)※が得られ、APS-C一眼カメラの写野を十分カバーできます。
イメージサークルΦ44mm※では最周辺光量47%ながら中心部とそん色ない鋭い星像が得られます。
※イメージサークルΦ28.8mmにてAPS-C一眼カメラ、Φ44mmでフルサイズ一眼カメラの写野をカバー。

■作例 「球状星団M3(SD103S+SDフラットナーHD)」

フルサイズ・APS-Cについて
一眼カメラにおける受光部平面(センサーまたはフィルム)の大きさ形状を表すサイズの通称です。主なサイズとしてフルサイズ(36×24mm)、APS-C(23×16mm)、フォーサーズ(17.3×13mm)があります。カメラ機種により多少の違いがありますので、詳しくは市販のカメラ説明書、カタログ等にてご確認ください。一般に受光部平面が大きいほど広い範囲を撮影できます。

■作例 「アンドロメダ星雲M31(SD103S+SDフラットナーHD+レデューサーHD)」

■システム図
-

主な仕様
SD81S鏡筒 SD103S鏡筒 SD115S鏡筒 AX103S鏡筒 VC200L鏡筒
SDフラットナーHD(倍率) F値 625mm→644mm(1.03x) F7.7→7.9 795mm→811mm(1.02x) F7.7→7.9 890mm→908mm(1.02x) F7.7→7.9 - -
SDフラットナーHD + レデューサーHD 焦点距離(倍率) F値 625mm→496mm(0.79x) F7.7→6.1 795mm→624mm(0.79x) F7.7→6.1 890mm→699mm(0.79x) F7.7→6.1 - -
レデューサーHD - - - 825mm→635mm(0.77x) F8→6.2 1800mm→1386mm(0.77x) F9→6.9
イメージサークル※1 Φ44mm Φ44mm Φ44mm Φ44mm Φ36mm※2
周辺光量 89%(SDフラットナーHD)、72%(SDフラットナーHD + レデューサーHD) 83%(SDフラットナーHD)、63%(SDフラットナーHD + レデューサーHD) 80%(SDフラットナーHD)、60%(SDフラットナーHD + レデューサーHD) 63% 60%
※1:良像範囲、かつ周辺光量60%以上を確保。Φ44mmでフルサイズ、Φ28.8mmでAPS-C一眼カメラボディの写野をカバー。
※2:良像範囲はΦ44mm(最周辺光量47%)。

ページトップへ