ネイチャーショップKYOEI 大阪店

天体望遠鏡や本格双眼鏡、 天体観測・バードウオッチング機材の製造・販売。協栄産業株式会社。昭和34年創業。

  • マイページヘログインご利用案内お問い合せサイトマップ
カートをみる
FAX注文書
支払い方法:銀行振込/郵便振替/代金引換/低金利ローン/カード払い
低金利分割払
AstroArts(アストロアーツ) ASTRONOMIK(アストロノミック) BENRO(ベンロ) boader planetarium(バーダープラネタリウム) BORG(ボーグ) Canon(キャノン) CELESTRON(セレストロン) CentralDS(セントラルDS)
CORONADO(コロナド) Explore Scientific(エクスプローラー・サイエンティフィック) FLI(Finger Lake Instrument) FUJINON(フジノン) GITZO(ジッツォ) IDAS(アイダス) ioptron(アイオプトロン) jobu design(ジョブデザイン)
Kasai Trading(笠井トレーディング) K-ASTEC(ケー・アステック) Kendrick(ジムケンドリック) Kenko(ケンコー) Kowa(コーワ) KYOEI(キョウエイ) DiGiSCO.com(デジスコドットコム) Leica(ライカ)
LUNT SOLAR SYSTEMS(ラント ソーラー システム) Magellan(マゼラン) Manfrotto(マンフロット) MEADE(ミード) Nikon(ニコン) PENTAX(ペンタックス) QHYCCD SBIG(エスビーアイジー)
SIGHTRON(サイトロン) SkyWatcher(スカイウォッチャー) SLIK(スリック) STEINER(シュタイナー) SWAROVSKI(スワロフスキー) タカハシ(高橋製作所) Tele Vue(テレビュー) ToupTek(トゥープテック)
Unitec(ユニテック) Velbon(ベルボン) Vixen(ビクセン) WATEC(ワテック) Wimberley(ウィンバリー) ZEISS(ツァイス) ZWO 取扱いメーカー一覧

春の天体観測ガイド

春の天体観測ガイド

2017年春の注目イベントのひとつが「惑星」です。 4月8日に木星、6月15日に土星が、「衝」を迎え、見ごろとなります。

惑星は明るくて大変見つけやすい星ですので これから天体観測を始めてみたい方や、本格的な観測にステップアップしたいとお考え中の方にもおススメの対象です。 都心では光害に埋もれて観測しにくい星雲や銀河とは異なり、街明かりの多い市街地からでも、観望・撮影ともに一級の観測地と比べても遜色なく楽しめるお手軽さが惑星観測の大きな魅力です。


※衝(しょう)=惑星が地球から見て太陽の真反対の位置となり、一晩中見られることをいいます。

春の天体観測ガイド
2017/5/1 1:00
ステラナビゲータ10で作成

木星はおとめ座、土星はいて座付近にあり、それぞれマイナス2等、0等の明るさで輝いています。
星座早見盤に載っていない妙に明るい星を見つけたなら、きっとそれは木星か土星ですのでぜひ望遠鏡を向けて見てください。 今年の土星はちょうど天の川の真ん中に位置していますので、天の川ってどこ??という素朴な疑問をお持ちの初心者の方にとって、天の川の場所を把握するのにも役立ちます。都心では天空にかかる天の川を肉眼で見ることはできませんが、双眼鏡や低倍率の望遠鏡を向けてみれば、天の川の領域に星々がたくさん集まっている様子を観測することができます!




難易度: 易 ★☆☆☆☆ 難易度: やや易 ★★☆☆☆
難易度: 並 ★★★☆☆ 難易度: やや難 ★★★★☆ 難易度: 難 ★★★★★

ページトップへ