ネイチャーショップKYOEI 大阪店

天体望遠鏡や本格双眼鏡、 天体観測・バードウオッチング機材の製造・販売。協栄産業株式会社。昭和34年創業。

  • マイページヘログインご利用案内お問い合せサイトマップ
カートをみる

FAX注文書
支払い方法:銀行振込/郵便振替/代金引換/低金利ローン/カード払い
低金利分割払
Askar(アスカー)AstroArts(アストロアーツ) ASTRONOMIK(アストロノミック) boader planetarium(バーダープラネタリウム) BORG(ボーグ) Canon(キャノン) CELESTRON(セレストロン)Chroma(クロマ)
CORONADO(コロナド) FUJINON(フジノン) GITZO(ジッツォ) IDAS(アイダス) ioptron(アイオプトロン) jobu design(ジョブデザイン) Kasai Trading(笠井トレーディング) K-ASTEC(ケー・アステック)
Kendrick(ジムケンドリック) Kenko(ケンコー) 国際光器 Kowa(コーワ) KYOEI(キョウエイ) DiGiSCO.com(デジスコドットコム) LAOWA(ラオワ) Leica(ライカ)
LOSMADY(ロスマンディ) LUNT SOLAR SYSTEMS(ラント ソーラー システム) Manfrotto(マンフロット) Nikon(ニコン) PENTAX(ペンタックス) QHYCCD SAMYANG(サムヤン)SBIG(エスビーアイジー)
FLI(Finger Lake Instrument) SIGHTRON(サイトロン) SkyWatcher(スカイウォッチャー) SLIK(スリック) SWAROVSKI(スワロフスキー) タカハシ(高橋製作所) Tele Vue(テレビュー) Unitec(ユニテック)
Velbon(ベルボン) Vixen(ビクセン) WATEC(ワテック) WILLIAM OPTICS(ウィリアムオプティクス) Wimberley(ウィンバリー) ZEISS(ツァイス) ZWO 取扱いメーカー一覧


アイダス  ネビュラーブースター NBZ DR25

 製品パッケージにFナンバー規制の識別子表記のないもの = F1.8~F∞です。

※ご使用されるレンズに対するご注意
※1、仕様に有るFナンバー規制は、∞表記を除きレンズの収束光内で有効です。
※2、F1.8 to F2.8及びF1.8 to F4の仕様表記のフィルターを、レトロフォーカスタイプ 及び テレフォトタイプのレンズで使用されても性能保証できません。 そのようなレンズの収束光内で使用される場合は識別子無しのNBZをお買い求めください。

アイダス  ネビュラーブースター NBZ DR25

定価:
オープン価格
価格:

26,000円 (税込 28,600円) 31,000円 (税込 34,100円)

F値:
価格:
購入数:
この商品について問い合わせる

IDAS(アイダス) 天体望遠鏡パーツ ネビュラーブースター NBZ

OIII輝線とHα輝線を透過するバンド幅約12(±0.4)nmのネビュラブースターです。

フィルター単体の繰り返し反射を低減させることにより、先行販売していたNBXよりも低ハロとなります。

特長-NBZ(フィルター識別子無し)の場合

NBZの半値幅は約12nmで、他社製7nmクラスのナローバンドよりも半値幅が広いです。 ですが、この広さには大きなメリットがあります。 干渉フィルターは斜めに入射光に対し、入射角が大きくなるほど分光特性が短波長へシフトしていきます。(図2参照) 光学系の収束光で使う場合も同様に(連続変化する)入射角が生じるので、その分光特性は短波長へシフトしていきます。 例えば、F2程度の明るい光学系の収束光内で使用すると、他社製半値幅が7nmクラスのナローバンドはでは、Hα光では透過率が半分以下になりますが、IDASのNBZでは80%以上を維持します。 この場合、半値幅7~8nmのフィルターと比べNBZでは露光時間を2/3~1/2に短縮できます。(コントラストは同等か同等以上になります)

※フィルター識別子にF標示がある物はそのF値標示の範囲の光学系の収束光内で使用してください。
薄膜はIDASの定番技術である高密度高耐久エージングレスIGAD(Ion-Gun Assist Deposition=イオンガンアシスト蒸着)でコーティングされます。
本フィルターはLPS-P2やLPS-V4などと同じIGAD(Ion-Gun Assist Deposition)によりコーティングされています。
この技術は干渉フィルターの心臓部である多層薄膜を高密度化するもので、従来の多層薄膜で得られない物性が得られます。
       
  1. 薄膜の耐久性が高く、薄膜の硬さは石英ガラスに匹敵します。
    また、多層薄膜とフィルター基板の密着性も著しく改善されています。
  2.   
  3. 温度、湿度による分光特性の経時変化は人間が生活している環境内では全くと言って良いほどありません。

干渉フィルターは斜めに入射光に対し、入射角が大きくなるほど(偏光を伴いながら)分光特性が短波長へシフトしていきます。
光学系の収束光で使う場合も同様に(連続変化する)入射角が生じるので、その分光特性は短波長へシフトしていきます。 例えば、F2 程度の明るい光学系の収束光内で使用すると、一般的な半値幅が 7nm クラスのナローバンドはでは、Hα光では透過率が半分以下になりますが、IDAS の NBX では 90%前後を維持します。 この場合 NBX では露光時間を 2/3~1/2 に短縮できます。(コントラストは同等か同等以上になります)

ページトップへ