ネイチャーショップKYOEI 大阪店

天体望遠鏡や本格双眼鏡、 天体観測・バードウオッチング機材の製造・販売。協栄産業株式会社。昭和34年創業。

  • マイページヘログインご利用案内お問い合せサイトマップ
カートをみる
FAX注文書
支払い方法:銀行振込/郵便振替/代金引換/低金利ローン/カード払い
低金利分割払
AstroArts(アストロアーツ) ASTRONOMIK(アストロノミック) boader planetarium(バーダープラネタリウム) BinoTechno(ビノテクノ) BORG(ボーグ) Canon(キャノン) CELESTRON(セレストロン) CORONADO(コロナド)
FLI(Finger Lake Instrument) FUJINON(フジノン) GITZO(ジッツォ) IDAS(アイダス) ioptron(アイオプトロン) jobu design(ジョブデザイン) Kasai Trading(笠井トレーディング) K-ASTEC(ケー・アステック)
Kendrick(ジムケンドリック) Kenko(ケンコー) 国際光器 Kowa(コーワ) KYOEI(キョウエイ) DiGiSCO.com(デジスコドットコム) LAOWA(ラオワ) Leica(ライカ)
LOSMADY(ロスマンディ) LUNT SOLAR SYSTEMS(ラント ソーラー システム) Manfrotto(マンフロット) MEADE(ミード) Nikon(ニコン) PENTAX(ペンタックス) QHYCCD SAMYANG(サムヤン)
SBIG(エスビーアイジー) SIGHTRON(サイトロン) SkyWatcher(スカイウォッチャー) SLIK(スリック) SWAROVSKI(スワロフスキー) タカハシ(高橋製作所) Tele Vue(テレビュー) Unitec(ユニテック)
Velbon(ベルボン) Vixen(ビクセン) WATEC(ワテック) WILLIAM OPTICS(ウィリアムオプティクス) Wimberley(ウィンバリー) ZEISS(ツァイス) ZWO 取扱いメーカー一覧


タカハシ 屈折式鏡筒 FSQ-106ED 【納期お問い合わせください】

タカハシ 屈折式鏡筒 FSQ-106ED 【納期お問い合わせください】

価格:

545,000円 (税込 599,500円)

購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ライトブルー色へ移行のご案内
2016年より順次行われていた鏡筒・赤道儀の塗装色「ライトブルー」への移行が完了しました。
2017年1月以降、当店よりお届けさせていただく製品の塗装色は特に記載のない限り新色「ライトブルー」です。
※ホームページ商品写真がグリーンのままの場合がございます。何卒ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。 ※鏡筒バンド・カメラ回転装置・バランスウエイトなどのパーツ類は在庫のある限りライトグリーンも併売いたします。

 

タカハシ(高橋製作所) 鏡筒 屈折式鏡筒 FSQ-106ED

あの高性能が帰ってきた

最高峰のフォトビジュアル屈折望遠鏡といわれ、今では伝説となっていたFSQ-106がフルモデルチェンジし、
あのパフォーマンスが戻ってきました。
4群4枚系モディファイドペッツバールタイプは、アドバンスドペッツバールというほどまでに進化して、前群、後群のレンズ系全てで中心から周辺部までの収差を総合的にコントロールする光学系に生まれ変わりました。
※鏡筒バンドは別売です。

主な特長

1.さらなる収差補正

スーパーEDガラスを2枚使用し、3枚目のレンズを前群に接近させ大口径化することで、色収差、球面収差をTOA光学系のように高次収差のバランスで絶妙に補正させたことにより、フローライトを2枚使用し屈折系として最良の収差補正といわれた旧モデルよりさらに性能が向上しています。
また、凹レンズにはエコガラスの中から最適な硝材を使うことで、近紫外域~近赤外域(400nmから1000nm)までの広い波長域で色収差補正がされています。完全分離型ペッツバールは、これまでのFSQ-106同様、画角φ10度以上にわたって完全なフラットフィールドな像面を実現します。
旧モデルの2群系ペッツバールでは不可能であった広い画角における非点収差と像面湾曲の補正は、完全分離したアドバンスペッツバールの新型では見事に克服しています。このような改良によりイメージサークルφ88mmの全面に針の先で付いたような星像を結びます。
また、歪曲収差(ディストーション)も 旧モデルの約1/4にまで減少したことで、モザイク合成が楽になります。

2.周辺光量比の向上

3枚目のレンズの径を大きくし前群に接近させることで、光束が急激に絞られず、光線の角度によるケラレ(ビグネッティング)が少なくなりました。
具体的には35mm版周辺で20%、φ70mmのサークルでは33%も前モデルに比べて光量が増しています。
また、小口径でも発散性の強いレンズを4枚目に組み込むことで、カメラマウントによるケラレも少なくなり、ビグネッティングによる輝星の回折光のクビレも少なくなっています。

3.高倍率眼視性能の向上

最高傑作のフォトビジュアル望遠鏡FSQ-106EDは、f/5のフラットフィールドアストロカメラであるとともに、最高峰の眼視望遠鏡でもあります。
エクステンダーQ1.6X(50.8)を使うことでF=850mm(f/8)となり、TOAと同等の収差レベルに補正され、回折限界までの高倍率が得られます。
また、直焦点(f/5)での色収差も旧モデルより30%以上も向上しており、低倍率での眼視性能もより高性能化しています。

4.屈折望遠鏡では比類ないf/3.6

新開発の3群4枚のレデューサーを接眼体後方に取り付けることでF=385mm(f/3.6)と、望遠レンズ並みの明るさになります。しかも、主焦点(f/5)と同レベルの色収差補正、フラットフィールド性能を維持しているので、デジタル一眼レフカメラによる撮影にも適した光学系になります。

5.バックフォーカスの延長

旧モデルよりも66mm延長されたバックフォーカスにより、天頂ミラーの接続やエクステンダーQ1.6Xの接続がネジ込み式であったものが、他機種と同じように50.8mmスリーブ差込式で交換できるようになりました。これにより主焦点眼視観望の姿勢変化に対する対応、アクセサリーの交換が楽になります。また、50.8mm接眼アダプターは眼視以外のアクセサリー類の取り付けも対応しています。

6.MEF(減速微動装置)を標準装備

新型のMEFは減速比を1:7としたことで旧MEFの減速比1:10より荒くなりますが、荷重が掛かったときに起こるスリップ現象はある程度抑えられるようになりました。FSQ-106EDには、新型MEFが標準装備です。

7.ベアリングを組み込んだ接眼体

接眼体とドロチューブの摺動・保持とピニオン回転部にベアリングを採用したことで、精度と強度に対して安定した性能を維持することができました。また、ベアリングと可動部にはオイルの使用を極力減らすことで、低温時のピント合わせがスムーズに行えるようになりました。

8.新形式のドロチューブクランプ

FSQ-106EDは新開発のドロチューブクランプを採用しました。従来のクランプ型式ではロック時に対象が視野の中で動くことがありましたが、新機構のドロチューブクランプの採用により、対象が視野の中で動くことがほとんどなくドロチューブを固定することができます。

主な仕様
形式 4群4枚 FSQ型フラットフィールドペッツバール 有効口径 106mm
焦点距離/口径比 530mm/1:5.0 イメージサークル φ88mm
分解能/極限等級 1.09”/11.9等 集光力/鏡筒径 229倍/φ125mm
鏡筒全長 675mm(フード収納時 580mm) 質量 約7.0kg(ファインダー付)
ファインダー 7倍50mm(照明対応) MEF付属

焦点距離 口径比 イメージサークル
レデューサーQE 0.73X併用 385mm
f/3.6
φ44mm(光量60%)
エクステンダーQ1.6X併用 850mm
f/8.0
φ44mm(光量60%)

専用アクセサリー
[別売]
鏡筒バンド(125S・KBプレート付)
○鏡筒バンド(125WS)
○KBプレートW
レデューサーQE 0.73X
エクステンダーQ1.6X(50.8)
直焦点補助リング
CA-35(SKY90)
CA-35(50.8)
CA-35(TSA-102)
TCA-4(拡大撮影用)
31.7 2Xバロー
50.8アダプター(SKY90)
フィルターボックス
FQR-1(W)
天頂プリズム31.7 MC
天頂ミラー50.8 (31.7AD付)
天頂ミラー用31.7AD
アクセサリーバンド(125)
専用アルミケース

システムチャート

  • ご覧になるにはAdobe Reader が必要です。パソコンにインストールされていない方は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

▼撮影に最適なバンドセットはこちら

ページトップへ