ネイチャーショップKYOEI 大阪店

天体望遠鏡や本格双眼鏡、 天体観測・バードウオッチング機材の製造・販売。協栄産業株式会社。昭和34年創業。

  • マイページヘログインご利用案内お問い合せサイトマップ
カートをみる
FAX注文書
支払い方法:銀行振込/郵便振替/代金引換/低金利ローン/カード払い
低金利分割払
AstroArts(アストロアーツ) ASTRONOMIK(アストロノミック) boader planetarium(バーダープラネタリウム) BinoTechno(ビノテクノ) BORG(ボーグ) Canon(キャノン) CELESTRON(セレストロン) CORONADO(コロナド)
FLI(Finger Lake Instrument) FUJINON(フジノン) GITZO(ジッツォ) IDAS(アイダス) ioptron(アイオプトロン) jobu design(ジョブデザイン) Kasai Trading(笠井トレーディング) K-ASTEC(ケー・アステック)
Kendrick(ジムケンドリック) Kenko(ケンコー) 国際光器 Kowa(コーワ) KYOEI(キョウエイ) DiGiSCO.com(デジスコドットコム) LAOWA(ラオワ) Leica(ライカ)
LOSMADY(ロスマンディ) LUNT SOLAR SYSTEMS(ラント ソーラー システム) Manfrotto(マンフロット) MEADE(ミード) Nikon(ニコン) PENTAX(ペンタックス) QHYCCD SAMYANG(サムヤン)
SBIG(エスビーアイジー) SIGHTRON(サイトロン) SkyWatcher(スカイウォッチャー) SLIK(スリック) SWAROVSKI(スワロフスキー) タカハシ(高橋製作所) Tele Vue(テレビュー) Unitec(ユニテック)
Velbon(ベルボン) Vixen(ビクセン) WATEC(ワテック) WILLIAM OPTICS(ウィリアムオプティクス) Wimberley(ウィンバリー) ZEISS(ツァイス) ZWO 取扱いメーカー一覧


キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元

キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元


キャッシュレス消費者還元事業とは

対象店舗で、対象クレジットカードを使ってお買い物すると、ポイントなどで 5%分の還元が受けられる国の制度です。
詳しくはコチラ→(経済産業省のHPへ)


当社対象キャッシュレス決済

当社対象キャッシュレス決済
 
上記5ブランドのうち、キャッシュレス消費者還元事業に参画しているカード会社発行のクレジットカード全てが対象

※発行カード会社の判別方法 = カード裏面にこのように記載されています。(経産省HP・参画カード会社一覧へ)


※KYOEI OSAKA ネットショップでは、通常はVISA・マスターカードの2ブランドのみのお取り扱いですが、
「キャッシュレス消費者還元事業」の実施期間中は、ダイナース・JCB・アメックスを含めた5ブランドすべての
お取り扱いを行います。 還元には「カード1枚当たり月間30万円購入まで」などの上限がありますので、
複数のカードをうまく活用して、是非この機会にお得なショッピングをお楽しみください。


※大阪・梅田のKYOEI大阪店、店頭では取り扱いが一部異なります。
決済ブランド KYOEI大阪/東京  実店舗での現在の対応状況
全て 消費者還元事業に参画しているカード会社発行のクレジットカード全てが対象
ほぼ全て MUFG系列カードを除く、 消費者還元事業に参画しているカード会社発行のクレジットカード全てが対象
(MUFG系列カードは2019年12月頃の取扱開始を予定しています。)
ほぼ全て MUFG系列カードを除く、 消費者還元事業に参画しているカード会社発行のクレジットカード全てが対象
(MUFG系列カードは2019年12月頃の取扱開始を予定しています。)
一部のみ 三井住友カード社発行のVISAカードのみ対象
(その他のVISAカードは2019年12月頃の取扱い開始を予定しています。)
一部のみ 三井住友カード社発行のマスターカードのみ対象
(その他のマスターカードは2019年12月頃の取扱い開始を予定しています。)


キャッシュレス消費者還元事業とは

クレジットカード会社ごとに、月間の 還元限度額 が規定されています。 カード1枚当たり、
月間お買い上げ額30万円x5%=15,000円還元までとするカード会社が多いようです。

詳しくは、コチラをご参照の上、クレジットカード発行会社にお問い合わせください。


キャッシュレス消費者還元事業とは

還元方法は、ご利用のクレジットカード会社によって様々です。

(例1)クレジットカード会社固有のポイントプログラムを使用して5%相当のポイントを付与する
(例2)次回以降の銀行口座からの代金引き落とし時に、5%相当額を差し引いて相殺する   
(例3)後日、5%相当分の電子マネーを進呈する・・・    など                    

詳しくは、コチラをご参照の上、クレジットカード発行会社にお問い合わせください。


ページトップへ