ネイチャーショップKYOEI 大阪店

天体望遠鏡や本格双眼鏡、 天体観測・バードウオッチング機材の製造・販売。協栄産業株式会社。昭和34年創業。

  • マイページヘログインご利用案内お問い合せサイトマップ
カートをみる
FAX注文書
支払い方法:銀行振込/郵便振替/代金引換/低金利ローン/カード払い
低金利分割払
AstroArts(アストロアーツ) ASTRONOMIK(アストロノミック) boader planetarium(バーダープラネタリウム) BinoTechno(ビノテクノ) BORG(ボーグ) Canon(キャノン) CELESTRON(セレストロン) CORONADO(コロナド)
FLI(Finger Lake Instrument) FUJINON(フジノン) GITZO(ジッツォ) IDAS(アイダス) ioptron(アイオプトロン) jobu design(ジョブデザイン) Kasai Trading(笠井トレーディング) K-ASTEC(ケー・アステック)
Kendrick(ジムケンドリック) Kenko(ケンコー) 国際光器 Kowa(コーワ) KYOEI(キョウエイ) DiGiSCO.com(デジスコドットコム) LAOWA(ラオワ) Leica(ライカ)
LOSMADY(ロスマンディ) LUNT SOLAR SYSTEMS(ラント ソーラー システム) Manfrotto(マンフロット) MEADE(ミード) Nikon(ニコン) PENTAX(ペンタックス) QHYCCD SAMYANG(サムヤン)
SBIG(エスビーアイジー) SIGHTRON(サイトロン) SkyWatcher(スカイウォッチャー) SLIK(スリック) SWAROVSKI(スワロフスキー) タカハシ(高橋製作所) Tele Vue(テレビュー) Unitec(ユニテック)
Velbon(ベルボン) Vixen(ビクセン) WATEC(ワテック) WILLIAM OPTICS(ウィリアムオプティクス) Wimberley(ウィンバリー) ZEISS(ツァイス) ZWO 取扱いメーカー一覧


笠井トレーディング BLANCA-102EDP

  

笠井トレーディング BLANCA-102EDP

価格:

98,500円 (税込 108,350円)

購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

笠井トレーディング製品の納期について
笠井トレーディング製品は、お取り寄せのため納期がかかる場合がございます。
最新の納期情報はこちらのページ(笠井トレーディング社ホームページ)をご参照ください。
正式な納期につきましては、別途ご案内させて頂きますので、何卒よろしくお願い申し上げます。
▼BLANCA-125EDT用補助パーツ
8x50mmファインダー&レッグ
アリガタ・アリミゾ着脱式CNC切削加工ファインダー脚&台座に、グロッシーホワイトフィニッシュの高性能な8×50mm(実視野6゜)ファインダーを搭載。鏡筒とのマッチングも抜群。接眼部にそのまま装着可能です。

価格:10,000円(税込11,000円) 購入数: 個 


● 以下の全ファインダー&脚が装着可能です ●
DXファインダー台座
販売価格:2,200円(税込) 購入数: 個 
MR-Finder+CNC脚
販売価格:10,780円(税込) 購入数: 個 
3cmファインダー脚(φ38mm)
販売価格:4,730円(税込) 購入数: 個 
5cmファインダー脚(φ56mm)
販売価格:5,280円(税込) 購入数: 個 
GSアリミゾ台座(SII)を併用すれば、更に以下の製品も装着可能です※
8x50mmファインダー
販売価格:9,900円(税込) カラー: 購入数: 個 
8x50mm90°正立ファインダー
販売価格:10,230円(税込) 購入数: 個 
大型ファインダー&ガイドスコープ支持脚 (ファインダー脚台座互換) φ68mm
販売価格:7,700円(税込) 購入数: 個 
大型ファインダー&ガイドスコープ支持脚 (ファインダー脚台座互換) φ76mm
販売価格:8,800円(税込) 購入数: 個 
大型ファインダー&ガイドスコープ支持脚 (ファインダー脚台座互換) φ76mm
販売価格:9,900円(税込) 購入数: 個 
GuideFinder-50
販売価格:10,780円(税込) 購入数: 個 
GuideFinder-60
販売価格:14,300円(税込) 購入数: 個 
GuideFinder-80
販売価格:19,800円(税込) 購入数: 個 

笠井トレーディング 鏡筒 BLANCA-102EDP

「直焦点星野写真適性なんか要らない。とにかく『よく見える』望遠鏡が欲しい!」というディープな眼視観測派のニーズを満たす、高精度EDアポクロマートFMC対物レンズを搭載した長焦点屈折鏡筒セット。

色収差補正はもちろんのこと、球面収差補正を最重視した設計により、高倍率を用いる月・惑星・二重星の観測に大きな威力を発揮します。サテンホワイトフィニッシュの肉厚で堅牢な鏡筒内部やドローチューブ内部に配置された多数のバッフル群は迷光を徹底遮断してハイコントラストな像質を確保。重量のあるカメラやアクセサリーが余裕で装着でき、軽いタッチで繊細な合焦操作が可能な2.5インチ大型ラックピニオン・マイクロフォーカス接眼部、長光路アクセサリー類の使用を可能にする最大155mmのロングバックフォーカス、収納に便利なスライド式対物フード、軽量かつ堅牢な鏡筒バンド、多くの市販架台にそのまま搭載できるアリガタプレートなど、マニア好みの特別仕様や標準付属品も充実しています。

主な特長

光学系

異常低分散(ED = Extra-low-Dispersion)硝材を含むFMC2枚玉EDアポクロマート10.2cmF11対物レンズを搭載。無理のない長焦点設計により、色収差補正は非常に良好です。更に球面収差補正を最重視した設計により、250~300倍を超える過剰倍率でも余裕でシャープネスを保つハイレベルな結像性を示します。全面に施されたブロードバンドマルチコートにより98%以上の高い総合透過率を示し、クリアネスの高さも万全。もちろん丁寧なコバ塗りも施されています。低倍率での星雲・星団観測から最高倍率での惑星・二重星観測まで、オールマイティに優れた像質を示す秀逸な対物レンズです。

2.5インチラックピニオン・マイクロフォーカス接眼部
接眼部にはCNC切削加工による高精度な2.5インチ(内径φ60mm)の大型ラックピニオン式を採用。減速比1:10のマイクロフォーカス機構の標準装備により繊細で精密な合焦タッチが得られ、高倍率観測時のシビアなピント位置を逃しません。ドローチューブ上部には各種計測等に便利なスケールも標準装備。更にドローチューブ内面には実に18枚の遮光環群を設け、斜入迷光による内面反射を徹底除去。余裕のある内径と相まって、極めてコントラストの高い像質が得られます。2インチアダプターのアイピースストッパーには真鍮リング締付式+3点ロックネジを採用。31.7mmアダプターにも真鍮リング締付式を採用し、もちろん48mmフィルターネジも完備。合焦テンション調整ネジも完備しており、重量のあるカメラやアクセサリーなどを装着した時のスリップ対策も万全
です。92mmの長いストロークと155mmのロングバックフォーカスにより、2インチミラーや2インチ正立プリズムの使用にも余裕で対応します。(更に長い光路長を必要とする場合は、鏡筒延長筒を除去すれば最大275mmの超ロングバックフォーカスに変換可能です。)
※裏技情報※
BLANCA-102EDPの鏡筒後部は、長さ120mmの延長筒によって接眼フランジ及び接眼部に接続されています。この延長筒の前後のネジ規格は同じなので、延長筒を外して前後のユニットを直結させることも可能です。そうすればバックフォーカスが120mm追加され、最大バックフォーカスは275mmまで確保できるようになります。これにより、2インチ天頂ミラー+双眼装置はもちろん、2枚鏡正立ミラーシステム+双眼装置など非常に光路の長い組み合わせでも、エクステンダーレンズ無しで合焦可能になります。バックフォーカス不足に悩む双眼派の方は、ぜひ本機をご活用下さい。
鏡筒&対物フード
鏡筒部はサテンホワイトフィニッシュの肉厚な素材を採用。鏡筒内部にはナイフエッジ仕上げの遮光バッフル群が配置されており、迷光を効果的に遮断して像面コントラストの向上に大きく寄与しています。鏡筒と同素材・同仕上げの対物フードは収納時に全長を小さくできるスライド式(固定テンション調整ネジ×3付)を採用しています。
鏡筒バンド&アリガタ金具
頑丈かつ軽量な鏡筒バンドと互換性に富むアリガタ金具が標準付属。鏡筒バンド上面には複数のM6ネジ穴が設けられており、アクセサリー類の同架にも対応します。アリガタ金具はビクセン/タカハシ/INTES-MICROなどに採用されている標準規格幅を踏襲。更にタカハシ互換の架台取付穴(M8×2用/35mm幅)も設けられており、同規格の架台に直接ネジ止めすることが可能。無加工で国内外の様々な架台にそのまま搭載できるのも大きなメリットです。

光軸
CNC切削により精密に加工された丈夫な鏡筒と、光軸が非常に狂いにくいセル構造を採用しており、更に光軸は弊社で1台1台正確に合わせて出荷しますので、ユーザーによる再調整の必要は全くありません。通常の使用状態において光軸が狂う心配は皆無であり、完全にメンテナンスフリーでお使い頂けます。
総合適性

10cmクラスでF10~12のEDアポ屈折は、1980~90年代の主流でした。このスペックが非常によく見えることを記憶しておられる熟練マニア諸氏も多いことでしょう。しかし近年、直焦点撮影適性の追求やコンパクト化の流れに押され、この種の長焦点アポはすっかり影を潜めてしまいました。本機はまさに、かつての秀逸な10cm長焦点アポの「復刻版」とでも言える存在です。高倍率で眺めた時の、エッジが鋭く立って微細なクレーター群が無数に浮き上がってくる月面のディティールや、漆黒の細い糸のようなカッシニ空隙が輪の端から端まで綺麗に繋がった土星、フェストーンのうねりが浮き立つ木星など、優れた10cm長焦点アポが示す「底力」をぜひ体験してみて下さい。



ページトップへ