ネイチャーショップKYOEI 大阪店

天体望遠鏡や本格双眼鏡、 天体観測・バードウオッチング機材の製造・販売。協栄産業株式会社。昭和34年創業。

  • マイページヘログインご利用案内お問い合せサイトマップ
カートをみる

FAX注文書
支払い方法:銀行振込/郵便振替/代金引換/低金利ローン/カード払い
低金利分割払
Askar(アスカー)AstroArts(アストロアーツ) ASTRONOMIK(アストロノミック) boader planetarium(バーダープラネタリウム) BORG(ボーグ) Canon(キャノン) CELESTRON(セレストロン)Chroma(クロマ)
CORONADO(コロナド) FUJINON(フジノン) GITZO(ジッツォ) IDAS(アイダス) ioptron(アイオプトロン) jobu design(ジョブデザイン) Kasai Trading(笠井トレーディング) K-ASTEC(ケー・アステック)
Kendrick(ジムケンドリック) Kenko(ケンコー) 国際光器 Kowa(コーワ) KYOEI(キョウエイ) DiGiSCO.com(デジスコドットコム) LAOWA(ラオワ) Leica(ライカ)
LOSMADY(ロスマンディ) LUNT SOLAR SYSTEMS(ラント ソーラー システム) Manfrotto(マンフロット) Nikon(ニコン) PENTAX(ペンタックス) QHYCCD SAMYANG(サムヤン)SBIG(エスビーアイジー)
FLI(Finger Lake Instrument) SIGHTRON(サイトロン) SkyWatcher(スカイウォッチャー) SLIK(スリック) SWAROVSKI(スワロフスキー) タカハシ(高橋製作所) Tele Vue(テレビュー) Unitec(ユニテック)
Velbon(ベルボン) Vixen(ビクセン) WATEC(ワテック) WILLIAM OPTICS(ウィリアムオプティクス) Wimberley(ウィンバリー) ZEISS(ツァイス) ZWO 取扱いメーカー一覧


ZWO ASIAIR Plus(10月下旬入荷予定分/ご予約受付中)

※台数限定につき売切れの際はご容赦ください。何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

ZWO ASIAIR Plus(10月下旬入荷予定分/ご予約受付中)

価格:

41,819円 (税込 46,000円)

購入数:

ファインダー・シュー ZWO-FS-II
ASIAIR PRO/ASI冷却カメラ用新型三脚アダプター用
販売価格:2,400円(税込) 購入数: 個 
ASIAIRPRO用アリ溝 ZWO-DOVE-AIR
ASIAIR PROに装着することでビクセン規格アリミゾレールにASIAIR PROをマウント可能に
販売価格:5,100円(税込) 購入数: 個 

ZWO社 オプションパーツ ASIAIR Plus

Wi-Fi経由で「ASI USB 3.0カメラ」、「自動導入赤道儀」を制御し
スマートフォンやタブレット端末で統合制御可能なスマートWi-Fiデバイスがさらに進化!

【ご注意ください】
●撮像用/オートガイド用ともに、ZWO社製以外のCMOSカメラには対応いたしておりません。
●撮像用カメラとしては、ニコン/キヤノンEOSシリーズのデジタル一眼レフカメラの一部に対応しています。


主な特長

●Wi-Fi経由で「ASI USB 3.0カメラ(ASI Miniシリーズを含む)」、「自動導入赤道儀」を制御してスマートフォンやタブレット端末で統合制御可能なスマートWi-FiデバイスとしてベストセラーとなったASIAIR PROがさらに進化!
■eMMC(embedded MultiMediaCard)を実装し再設計!
●最新のeMMC(embedded MultiMediaCard)を内蔵し、ファームウェアのリセットや自動回復機能を搭載することにより、極めて高いシステムの安定性を誇ります。
●また、読み出しスピード・書き込みスピードのアベレージは、従来機のASIAIR-PROの約2.5倍と大幅スピードアップ!
■強化されたWi-Fiアンテナ
●Wi-Fiアンテナが大幅に強化され、Wi-FI電波の到達範囲が広がりました。
●従来機のASIAIR-PROでは、別売のWi-Fiレンジエクステンダーを併用することで対応していましたが、新しいASIAIR Plusではレンジエクステンダーは不要となり、レンジエクステンダーの併用ができなかったビクセンSTARBOOK-TENシステムでもWi-FI電波不達の心配が大幅に低減できるようになります。
●もちろん技適マークが付いてますので日本でも安心して使用することができます。(*1)
(*1)ASIAIR-PRO本体同様、5GHz/2.4GHzそれぞれの帯域に対応していますが、日本の電波法上野外で使用する場合は2.4GHzにてご利用いただく形となります。
●日本の電波法上野外での使用は2.4GHzに制限されるため、実機を用いてのテストでは安定到達距離は約20m程度となります。また2.4GHz使用時、5GHz使用時よりも若干電波遮蔽には強くなりますが、それでも間に家屋の壁や自動車などがあると、撮影データを取得するまでにかなりの時間が掛かるケースが多いので、できるだけ近距離でご使用いただくことを推奨します。
■よりポータブルに
●従来機のASIAIR-PROよりも、本体の厚みが約8.5mm(24%)、重量で13%軽量化!
●アルミブロックから贅沢に削り出された筐体は十分が強度もあり、放熱にも効果的、Wi-Fi信号に悪影響を与えることもありません。
●またASIAIR Plus本体側面および下面にはM4および1/4インチネジ穴が用意され、各社アリ型アリ溝パーツなどを組み合わせれば、ASIAIR Plusをご使用の機材に体裁よくフィットさせることもできます。
■本体に4つのDC12V出力ポートを装備
●本体に4つのDC12V出力ポートを装備。撮影用カメラ、オートガイド用カメラ、EAF(電動フォーカサー)等の電源を個別に用意しなくても、ASIAIR Plus本体がメイン電源に接続されていれば、最大4つの機材に電源を供給することができます。(1系統あたり12V最大3Aまで。4系統合計最大6Aまで)

●オートガイダー接続用ポート、USB3.0×2およびUSB2.0×2、デジタルカメラ用シャッターレリーズポートも備わっています。
■動作状況が一目でわかるLEDインジケータを装備
●ASIAIR Plusの動作状況が一目でわかるLEDインジケーターを装備。

■アリ溝式ファインダー台座金具(ビクセン規格)を標準装備
●ASIAIR-PRO同様、アリ溝式ファインダー台座用金具(ビクセン規格)を標準装備!ASIAIR Plus本体を望遠鏡システムに体裁よく固定することができます。

■便利で強力なプレートソルビング機能

●「プレートソルビング」とは、目標の天体を超正確に写(視)野の中心に導入する画期的な機能です。電視観望/撮影する際にはこの機能無くしては語れないほど便利で快適なシステムです。仕組みとしてはCMOSカメラが撮影した画像をASIAIRが解析して、その写野の中心座標を自動的に求めます。その得られた座標と目標天体の座標の差を計算して、その差分をASIAIRが赤道儀に指示を出して補正します。


■オートフォーカス機能で正確なピント合わせが可能

●ASIAIR-Plus+EAF(電動フォーカサー)+ZWO社製CMOSカメラとの連携で「完全オートフォーカス」が可能になります!ラフにピントを合わせておく必要があるものの、オートフォーカス所要時間は2~3分。Fの明るい光学系でのジャストピントを簡単に得ることができます!超便利!





■ニコン/キヤノンEOSシリーズのデジタル一眼レフカメラにも対応!

●ASI-air専用アプリが更新され、ニコン/キヤノンEOSシリーズのデジタル一眼レフカメラにも対応!
●ASIAIR Plusとデジタル一眼レフカメラを接続すると、ASIAIR専用アプリは接続されたカメラを自動認識します。

※Canon製カメラの一部は、日本と中国(ZWO社本国)とではモデル名称が異なります。ご使用のカメラと、ASIAIR専用アプリ上での表示が異なりますのでご注意ください。
※一部のカメラでは、当該カメラに対応した別売のケーブルレリーズが必要になります。(対応表にてご確認ください。)


主な仕様
電源 入力:DC12V
出力:DC12V×4(1系統最大3A。4系統合計で最大6Aまで)
ソフトウェア iOS/Android対応アプリをダウンロードして使用
対応カメラ ASI USB3.0カメラ/ASI冷却カメラ
ZWO社製 ASI USB3.0カメラ/ASI冷却カメラ
 ニコン/キヤノンEOSシリーズのデジタル一眼レフカメラの一部
※ZWO社製以外のCMOSカメラには対応いたしておりません。
望遠鏡制御 iOptron/CELESTRON/SkyWatcher/ビクセンSTARBOOK-TEN/タカハシTEMMAシリーズ
USBポート USB3.0×2/USB2.0×2/USB Type-C×1
SDカードスロット TF(マイクロSD)カード用スロット×1
付属品 ●ASIAIR Plus本体●DC電源ケーブル(1m)×2●DC電源ケーブル(0.5m)×2
●DC電源延長ケーブル(1.5m)×1●取扱説明書
●USB3.0(0.75m・Type-B)●オリジナル日本語マニュアル

Wi-Fi経由で「ASI USB 3.0カメラ」、「自動導入赤道儀」を制御しスマートフォンやタブレット端末で統合制御可能なスマートWi-Fiデバイスがついにアップグレード!

●Wi-Fi経由で「ASI USB 3.0カメラ(ASI Miniシリーズを含む)」、「自動導入赤道儀」を制御してスマートフォンやタブレット端末で統合制御可能なスマートWi-FiデバイスとしてベストセラーとなったASIAIRが待望のアップグレード!

主な特長

■ASIAIR-Proになって待望の「ライブスタック機能」を実装!
●ASIAIR-Proは待望の「ライブスタック機能」を実装!しかも撮影ごとにダークフレームやフラットフレームやバイアスフレームの各処理を行ってからスタックを行うため、コントラストの高いライブスタック画像を得ることができ、電視観望にも絶大なる威力を発揮します。




■ASIAIR PRO本体は贅沢なアルミ削り出し筐体を採用
●アルミブロックから贅沢に削り出された筐体は十分が強度もあり、放熱にも効果的、Wi-Fi信号に悪影響を与えることもありません。
●またASIAIR PRO本体側面および下面にはM4および1/4インチネジ穴が用意され、各社アリ型アリ溝パーツなどを組み合わせれば、ASIAIR PROをご使用の機材に体裁よくフィットさせることもできます。

■本体に4つのDC12V出力ポートを装備
●本体に4つのDC12V出力ポートを装備。撮影用カメラ、オートガイド用カメラ、EAF(電動フォーカサー)等の電源を個別に用意しなくても、ASIAIR PRO本体がメイン電源に接続されていれば、最大4つの機材に電源を供給することができます。(1系統あたり12V最大3Aまで。4系統合計最大6Aまで)

●オートガイダー接続用ポート、USB3.0×2およびUSB2.0×2、デジタルカメラ用シャッターレリーズポートも備わっています。

■動作状況が一目でわかるLEDインジケータを装備
●ASIAIR PROの動作状況が一目でわかるLEDインジケーターを装備。


■アリ溝式ファインダー台座金具(ビクセン規格)を標準装備
●新たに、アリ溝式ファインダー台座用金具(ビクセン規格)を標準装備!
旧ASIAIR(従来品)のようにマジックテープなどを利用することなく、ASIAIR-PRO本体を望遠鏡システムに体裁よく固定することができます。


■シンプルなユーザーインターフェース
●ASIAIR専用アプリは、アイコンボタンで操作する直感的にもわかりやすいシンプルなユーザーインターフェース。


■正確なフォーカシング
●ASI-airはほぼリアルタイムで画像をプレビューできます。カラーカメラの場合、「Debayer」を行いカラー表示されます。
●オートホワイトバランス:AWBはカラーカメラにも対応。
●正確なフォーカシング:大まかなピント合わせ後に星を1つ選択し、明るさやHFD曲線などからより視覚的・客観的に正確なピント合わせが可能です。またEAF(電動フォーカサー)を制御することが可能です。


■極軸設定機能を搭載
●Plate Solving機能(天体位置解析補正機能)をベースにした「極軸設定機能」も搭載。極めて正確な極軸合わせが可能になります。


■豊富なDSO(星雲星団:Deep Sky Object)データを搭載
●豊富なDSO(星雲星団:Deep Sky Object)データを搭載しており、ASIAIRのアプリ単体でも自動導入が可能です。


■PC不要でガイディング&イメージングが可能に
●PCを使用せず、スマホおよびタブレット端末でオートガイドおよびcmosカメラでの撮像が可能になります。
●オートガイドのみであれば、ST-4互換(SSAG)端子の備わった赤道儀・架台に対応しています。(※後述のPlate Solving(天体位置解析機能)は除きます。)


■リアルタイムでのプレビュー
●ASI-airはほぼリアルタイムで画像をプレビューできます。カラーカメラの場合、「Debayer」を行いカラー表示されます。
●オートホワイトバランス:AWBはカラーカメラにも対応。


■オートランモード
●撮影はオートランモードで設定した撮影パラメータに基づいて実行されます。露出時間やゲイン値や撮影枚数そしてカラーフィルターホイールを指定できます。

■ライブスタック
●キャプチャー中に撮影対象のスタックされた画像(キャリブレーションフレームを使用した低ノイズ画像)を直接見ることができます。


■各社自動導入赤道儀に対応!
●自動導入機能およびPlate Solving機能は2019年12月28日現在、

 ・ビクセン製STAR-BOOK10対応架台
 ・iOptron製架台
 ・CELESTRON製架台
 ・SkyWatcher製架台
 ・タカハシ TEMMA2/TEMMA2M/TEMMA2Z ※1


 に対応しています。

 ※1 タカハシ TEMMA2/TEMMA2M/TEMMA2Zは、スタンドアローンで自動導入機能を持っていないため、電源ON時に自分がどの座標
      (赤経赤緯)に向いているかを認識していません。SkySafari等のアプリを使用し、明るい恒星や惑星で同期


■対応カメラ

●ASI USB3.0カメラ、ASI冷却カメラ、ASIミニカメラ。(ASI120MM / MCカメラには対応していません)



■ニコン/キヤノンEOSシリーズのデジタル一眼レフカメラにも対応!
ASI-AIR対応一眼デジタルカメラ一覧(2019/3/30現在)
 
専用アプリ上の表記/(日本のモデル名)
Df D810A D300 D3 1D X 7D MarkII 500D/
(kiss x3)
1200D/
(kiss x70)
D4 D850 D300s D3s 1DX MkII 40D 500D/
(kiss x4)
1300D/
(kiss x80)
D5 D5200 D3200 D3x 1D MkIII 50D 600D/
(kiss x5i)
2000D/
(kiss x90)
D500 D5300 D3300   1D MkIV 60D 650D/
(kiss x6i)
D600 D5500 D3400   5D MkII 70D 700D/
(kiss x5i)
 
D610 D560 D700   5D MkIII 77D/
(9000D)
750D/
(kiss x8i)
 
D750 D7100 D90   5D MkIV 80D 760D/
(8000D)
 
D800 D7200 D5000   6D 100D/
(kiss x7)
800D/
(kiss x9i)
 
D800E D7500 D5100   6D MkII 200D/
(kiss x9)
1000D/
(kiss F)
 
D810   D7000   7D 450D/
(kiss x2)
1100D/
(kiss x50)
 

■ASIAIR-PRO接続システムチャート

ページトップへ