ネイチャーショップKYOEI 大阪店

天体望遠鏡や本格双眼鏡、 天体観測・バードウオッチング機材の製造・販売。協栄産業株式会社。昭和34年創業。

  • マイページヘログインご利用案内お問い合せサイトマップ
カートをみる
FAX注文書
支払い方法:銀行振込/郵便振替/代金引換/低金利ローン/カード払い
低金利分割払
AstroArts(アストロアーツ) ASTRONOMIK(アストロノミック) boader planetarium(バーダープラネタリウム) BinoTechno(ビノテクノ) BORG(ボーグ) Canon(キャノン) CELESTRON(セレストロン) CORONADO(コロナド)
FLI(Finger Lake Instrument) FUJINON(フジノン) GITZO(ジッツォ) IDAS(アイダス) ioptron(アイオプトロン) jobu design(ジョブデザイン) Kasai Trading(笠井トレーディング) K-ASTEC(ケー・アステック)
Kendrick(ジムケンドリック) Kenko(ケンコー) 国際光器 Kowa(コーワ) KYOEI(キョウエイ) DiGiSCO.com(デジスコドットコム) LAOWA(ラオワ) Leica(ライカ)
LOSMADY(ロスマンディ) LUNT SOLAR SYSTEMS(ラント ソーラー システム) Manfrotto(マンフロット) MEADE(ミード) Nikon(ニコン) PENTAX(ペンタックス) QHYCCD SAMYANG(サムヤン)
SBIG(エスビーアイジー) SIGHTRON(サイトロン) SkyWatcher(スカイウォッチャー) SLIK(スリック) SWAROVSKI(スワロフスキー) タカハシ(高橋製作所) Tele Vue(テレビュー) Unitec(ユニテック)
Velbon(ベルボン) Vixen(ビクセン) WATEC(ワテック) WILLIAM OPTICS(ウィリアムオプティクス) Wimberley(ウィンバリー) ZEISS(ツァイス) ZWO 取扱いメーカー一覧

サマークリアランスセール 12回まで無金利 KYOEI特別金利キャンペーン

迷人会工房 手探り君 TS-01 【即納】

迷人会工房製品第三弾!ε-130D光軸調整専用工具が登場! ※売り切れの際はご容赦ください。 【即納】入荷しました!!

迷人会工房 手探り君 TS-01 【即納】

価格:

2,400円 (税込 2,592円)

購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

迷人会工房 天体望遠鏡パーツ 手探り君 TS-01

タカハシε130D主鏡調整に便利な専用工具(押しネジ2.5mm/引きネジ4mmの両方を操作可能なレンチ)です。

ε-130Dの光軸調整において、副鏡は手回し(またはプラスドライバー使用)で調整できますが、主鏡調整には六角レンチが必要です。六角レンチは微妙な力加減が難しく、かといってそっと持って操作するとレンチを落下させてしまうこともあります。さらに押しネジと引きネジではレンチサイズが異なるため2種類のサイズの六角レンチ使い分ける必要があるなど、光軸調整作業には何かとストレスがつきものでした。
迷人会工房「手探り君TS-01」なら、2.5mmと4mmの二番手のレンチを装備していますので指先でクルクルと表裏を持ち替え、押しネジ/引きネジを自在に操作することが可能です。本体部には大型ローレットノブを採用していますので軽い操作でネジがゆっくりと廻り、六角レンチよりも繊細な調整が可能です。接眼部を覗いたまま光軸調整作業を続行できますので、正確な調整作業をスムースに完了させることができます。 

※ハンドメイド品のため外観に個体ごとの多少の誤差や加工傷がありますが何卒ご了承ください。全品迷人会工房にて性能検査済みです。
※鏡筒の光軸調整以外の用途には使用しないでください。(硬く締まったネジを解くなど、強い力には不適です。損傷の恐れがあります。)
※光軸調整の手順は、ε-130D鏡筒付属の取扱説明書をご参照ください。
 タカハシ製センタリングチューブ にもεシリーズ全般の光軸調整について解説したマニュアルが付属していますのでご活用ください。

内容物: 手探り君TS-01本体、2mm六角レンチ(セル側面の「主鏡セル調整ネジ」用)、取扱説明書


予め側面の「主鏡セル調整ネジ」を軽く緩めておきます。 指先でリアセルを探り、引きネジの位置を確認します。 引きネジに手探り君の太い方のレンチを挿入し、緩めます。

押しネジに手探り君の細い方のレンチを挿入し、締めて調整します。(コツ= 押しネジは2本ありますが、片方はフリーのまま、もう片方だけで調整を進行し、最後に両方を締めれば良いです。)

調整が終わったら、側面のネジをそっと締めれば完成です。



ページトップへ