Unihedron社製 スカイクオリティーメーター・SQM-L【即納】

【即納】入荷しました!!※売り切れの際はご容赦ください。

Unihedron社製 スカイクオリティーメーター・SQM-L【即納】

価格:

26,800円 (税込 29,480円)

購入数:
この商品について問い合わせる

マゼラン 天体望遠鏡パーツ Unihedron社製 スカイクオリティーメーター・SQM-L (Sky Quality Meter with Lens)

星空を計測可能!「SQM」改!

夜空の「暗さ」を測定しましょう!

「スカイクオリティーメーター」は夜空のバックグラウンドレベル(背景の暗度)を客観的に(数値で)「夜空のクオリティ」を簡単に測定する事が可能な大変便利なアクセサリーです。

このSQM-Lなら、そのコンパクトなボティ(手平サイズ)でありながら、何と「星空」の暗さを数値化出来ます。
世界中の星空の暗さがこのSQM-Lで数値化され、環境問題などの貴重なデータとして世界で取り扱われています。

なお、当製品はセンサー角度「20°」の特定視野計測用となっています。

SQM / SQM-Lとは?

SQM / SQM-Lは、高感度の携帯計測器として、天文ユーザーに大きなメリットを提供します

SQMSQM-L

観測/観望中の天文ユーザーに「今夜の空はどれぐらい暗いか?」「現在の観測地の明るさは、先日の場所より暗いか、または明るいか」「空の明度による極限等級はどれくらい影響しているか?」など、SQMの登場までは、客観的に(具体的な数値で)このような状況を計ることは実際できませんでした。

しかし、「SQM」の登場によって、観測や撮影記録に空の暗さ(光害の大きさ)、そしてそのダークネスレベルの観測データや写真への影響等をより科学的に記録できるようになります!新型「SQM-L」の登場により、夜空の部分部分の細かなダークネス測定までできるようになりました。

観測した夜空を数値化して記録として残せる訳ですから、貴方のアイデア次第で更なる使い方の可能性が無限大に広がります!観測場所と場所の明度の比較も簡単にできて、時間による明度の違いのチェックも簡単です。

ポイント1:夜空やその場所が本当にどのくらい暗いかがわかる
ポイント2:異なる場所の空の明度を客観的に比較可能
ポイント3:その地域の光害の変化を文書化する事も可能
ポイント4:実際に都市の空を体験できるようにプラネタリウムの照明等を設定可能
ポイント5:一晩中、または、夜毎、年毎に空の暗度をモニタリング
ポイント6:より暗い/淡い天体を観測するために、いつどこの夜が適しているかを決定できます

操作方法

SQM / SQM-Lの操作方法は極めて簡単です

ステップ1:チェックしたい空の領域(普段は天頂)へSQM / SQM-Lのセンサーを向けて、
ステップ2:パネル上の赤色ボタンを押します
ステップ3:ピーの電子音がなり、音がストップした時点で、空の明度はLEDパネルに10秒間表示されます
ステップ4:ボタンをもう一度押しますと、現在の「℃」及び「・」の単位で外気温も表示します

「SQM」「SQM-L」は、コンパクトで軽量な最新科学装置です。パネル上に貼付の「ダークネススケールステッカー(科学的に測定された数値)」にて、一目で星空のダークネスレベルを一発で確認可能です。この表示される数値が大きければ大きいほど空が暗いという事の意味で、例えば「17」と測定された星空では「満月」が煌々と照らされている空の状態であり、「21以上」に測定された場合は、ほぼ真暗状態を意味します。「SQM」及び「SQM-L」の実際の測定は、実に小数点下2桁の精度で空のダークネスを測定して表示します。

従来バージョン「SQM」の約80°の見かけ視界で空のおおまかなダークネス測定を行い、視野を狭くして空の特定な領域を測定するため、特殊レンズが最新型「SQM-L」のセンサーの視野を20°に狭めます。「SQM」で空全体の一発測定に最適で、「SQM-L」では、光害のある領域とない領域を別々に測定できる利点を提供します。

※画像は「SQM」です
「SQM」「SQM-L」本体を制御するには、オン/オフボタンを押すだけです。測定後の明度はLEDで表示されます。表示されている測定値「19.66」の右に、SQMの測定センサーが収おり、センサー上に可視光線のみを通すための赤外カットフィルター(青色の円)が設置しています。

※半値全幅(FWHM)比較 ・・・ SQM=約80度、SQM-L/SQM-LE=約20度

SQM / SQM-L の操作原理

SQM / SQM-L <スカイ・クオリティ・メーター>」は夜空の暗度を平方秒角あたりの等級で測定します。つまり「19.66」(など)で測定された数値は、19.66等級の星の光が平方秒角(1")に広がっているという意味です。このような値の実際の空状況を把握するには、SQM / SQM-Lパネル上のスケールを参照すれば、現在の夜空がどれだけ条件が良いかということがわかります。
空が明るい時の測定は、測定結果はほぼ一瞬で表示されますが、「21~」クラスの夜空の測定には、最大1分までの時間を要する場合がございます。測定中は、小さなピー音がなります。
尚、最大の信頼精度を確保するため、各SQMは、USAのNIST機関指定のマスター測定器と正確に調節されております。

SQM/SQM-Lの
機能と特徴
  • 測定精度を確保するため、各SQM / SQM-L はNIST規格のマスター測定器で調整済み
  • 簡単ワンボタン操作
  • 表示された数値は、空の明度を2桁の精度でデジタル測定
  • 平方秒角(1")あたりの等級で表示した空の暗度
  • ボタン操作で、「℃」および「・」単位の温度を表示
  • 電池寿命を最大にするための電源節約機能
  • メンテナンス・フリー
  • 測定進行中がすぐ把握可能なように電子音を発信
  • 可視光線に測定を制限する赤外カットフィルター付き
  • 最も暗い場所でも正確な読み取り値を表示
  • 電池の逆挿入防止
  • 超軽量でコンパクト

主な仕様
本体サイズ 約91×67×28mm 重さ 120g
電源方式 006P-9V電池(別売)
付属品 SQM-L本体・日本語取扱い説明書・品質保証書
「標準タイプ(センサー角度:80°)」はこちら
「LEタイプ(インターネット接続)」はこちら

ページトップへ