ネイチャーショップKYOEI 大阪店

天体望遠鏡や本格双眼鏡、 天体観測・バードウオッチング機材の製造・販売。協栄産業株式会社。昭和34年創業。

  • マイページヘログインご利用案内お問い合せサイトマップ
カートをみる
FAX注文書
支払い方法:銀行振込/郵便振替/代金引換/低金利ローン/カード払い
低金利分割払
AstroArts(アストロアーツ) ASTRONOMIK(アストロノミック) boader planetarium(バーダープラネタリウム) BinoTechno(ビノテクノ) BORG(ボーグ) Canon(キャノン) CELESTRON(セレストロン) CentralDS(セントラルDS)
CORONADO(コロナド) FLI(Finger Lake Instrument) FUJINON(フジノン) GITZO(ジッツォ) IDAS(アイダス) ioptron(アイオプトロン) jobu design(ジョブデザイン) Kasai Trading(笠井トレーディング)
K-ASTEC(ケー・アステック) Kendrick(ジムケンドリック) Kenko(ケンコー) 国際光器 Kowa(コーワ) KYOEI(キョウエイ) DiGiSCO.com(デジスコドットコム) LAOWA(ラオワ)
Leica(ライカ) LOSMADY(ロスマンディ) LUNT SOLAR SYSTEMS(ラント ソーラー システム) Manfrotto(マンフロット) MEADE(ミード) Nikon(ニコン) PENTAX(ペンタックス) QHYCCD
SAMYANG(サムヤン) SBIG(エスビーアイジー) SIGHTRON(サイトロン) SkyWatcher(スカイウォッチャー) SLIK(スリック) SWAROVSKI(スワロフスキー) タカハシ(高橋製作所) Tele Vue(テレビュー)
Unitec(ユニテック) Velbon(ベルボン) Vixen(ビクセン) WATEC(ワテック) Wimberley(ウィンバリー) ZEISS(ツァイス) ZWO 取扱いメーカー一覧

天体撮影入門おすすめ赤道儀




昨今、飛躍的な性能向上と低価格化が進むデジタル一眼レフカメラをお持ちの方も多いと思います。
綺麗な星空の下で感度の良いデジタル一眼レフカメラを使用すれば、意外なほど用意に天体を写すことができます。
とは言っても、数秒から数分という長秒時の露出が不可欠となります。星は動いていますから、普通の三脚に据えて
撮影しただけでは、星が「点」で写らず、「線」のように伸びて写ってしまいます。
これを解消する機材が「赤道儀」です。
星が動いて見える原因は地球の自転です(動いてるのは私たちの方なのです!)ので、地球の自転と同じ動きをする
「赤道儀」にカメラを載せれば、自転の動きを打ち消すことができます。
そうすると、どの方向を狙ってシャッターを切ったとしても、すべての星は止まって写るのです。



◆広角〜中望遠程度での撮影には「ポータブル赤道儀」

お勧め機種 Kenko「スカイメモR」

お手持ちの三脚や専用の「大型武道マウント」に搭載して使用します。
カメラレンズ・ボディの総重量2.5kg程度までが適性です。自由雲台を併用すれば構図が決めやすくなるでしょう。


◆200mm以上の超望遠撮影ならオーソドックスな「ドイツ赤道儀」を

望遠レンズでの撮影や、天体望遠鏡鏡筒を使用した直焦点撮影なら、天体望遠鏡用として一般的な
「ドイツ式赤道儀」がおすすめです。将来的な発展性も秘めています。
振り子のような重りが付いた下記のようなスタイルの赤道儀をドイツ式といいます。

赤道儀には搭載能力や機能でさまざまな種類がありますが、性能、価格、信頼性の高い
「ビクセン」や「タカハシ」の製品がお勧めです。

赤道儀 性能一覧

GP2・DD2

GPD2・DD2SXWSXDEM200temma2Jr
商品写真
適性荷重〜5kg〜7kg〜8kg〜10kg〜16kg
本体 + 三脚 
重量(ウエイト別)
9.5kg14kg12.3kg14.3kg22.5kg
本体 + 三脚
セット価格
\91,140
(極軸望遠鏡は 別売と
なります
\13,440)


\133,560
\179,800
(極軸望遠鏡は 別売と
なります
\12,600)


\249,000

\458,000
自動導入オプション
\38,620 up
オプション
\38,620 up
標準装備標準装備PC接続で対応

(※撮影用適性荷重=撮影に適した搭載重量として、ビクセン赤道儀はカタログ記載の「搭載可能重量」の数値×約0.7倍を、タカハシ赤道儀はカタログ記載の「搭載質量」を記載しました。)



■赤道儀のマウント形状について

一般的なカメラ三脚はW1/4インチの「カメラネジ」で接続しますが、望遠鏡用の赤道儀は
専用のマウント形状を持っています。ビクセン赤道儀は下記のような「アリガタ・アリミゾ式」です。
各国の望遠鏡メーカーもこの規格を使用し始めており、”事実上の世界標準”となりつつあります。



タカハシ赤道儀はM8のネジ2本で締め付ける形状を採用しています。「プレートホルダーSX」を取り付ければ、
上記ビクセン赤道儀と同じ「アリガタ・アリミゾ式」に変換することができます。



■アリミゾにカメラを取り付けるには

「汎用スライドバー」を使用すればカメラボディや望遠レンズの三脚座を取り付けることができます。



「マルチプレートDX」を使用すれば、さらにさまざまな使用方法が可能です。





ページトップへ