ネイチャーショップKYOEI 大阪店

天体望遠鏡や本格双眼鏡、 天体観測・バードウオッチング機材の製造・販売。協栄産業株式会社。昭和34年創業。

  • マイページヘログインご利用案内お問い合せサイトマップ
カートをみる
FAX注文書
支払い方法:銀行振込/郵便振替/代金引換/低金利ローン/カード払い
低金利分割払
AstroArts(アストロアーツ) ASTRONOMIK(アストロノミック) boader planetarium(バーダープラネタリウム) BinoTechno(ビノテクノ) BORG(ボーグ) Canon(キャノン) CELESTRON(セレストロン) CORONADO(コロナド)
FLI(Finger Lake Instrument) FUJINON(フジノン) GITZO(ジッツォ) IDAS(アイダス) ioptron(アイオプトロン) jobu design(ジョブデザイン) Kasai Trading(笠井トレーディング) K-ASTEC(ケー・アステック)
Kendrick(ジムケンドリック) Kenko(ケンコー) 国際光器 Kowa(コーワ) KYOEI(キョウエイ) DiGiSCO.com(デジスコドットコム) LAOWA(ラオワ) Leica(ライカ)
LOSMADY(ロスマンディ) LUNT SOLAR SYSTEMS(ラント ソーラー システム) Manfrotto(マンフロット) MEADE(ミード) Nikon(ニコン) PENTAX(ペンタックス) QHYCCD SAMYANG(サムヤン)
SBIG(エスビーアイジー) SIGHTRON(サイトロン) SkyWatcher(スカイウォッチャー) SLIK(スリック) SWAROVSKI(スワロフスキー) タカハシ(高橋製作所) Tele Vue(テレビュー) Unitec(ユニテック)
Velbon(ベルボン) Vixen(ビクセン) WATEC(ワテック) WILLIAM OPTICS(ウィリアムオプティクス) Wimberley(ウィンバリー) ZEISS(ツァイス) ZWO 取扱いメーカー一覧



遊馬製作所 しゅう動ベースリング・YUETSU27 (ブラック)【BORG9777】

 

遊馬製作所 しゅう動ベースリング・YUETSU27 (ブラック)【BORG9777】

価格:

4,286円 (税込 4,628円)

購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

※写真は製品の状態をわかりやすくするために、接眼側を上にした状態(写真左)と、対物側を上にした状態(写真右)を、
並べて同時に撮影しています。2つのパーツではありません。

遊馬製作所 天体望遠鏡パーツ BORGしゅう動ベースリング・YUETSU27
ドローチューブのガタツキを低減!! 本体色「カワセミブルー」は完売いたしました。「ブラック」のみとなります。
ボーグ77ED/101ED望遠レンズセットを、さらに使い易くする便利なアイテム
野鳥撮影のように、ヘリコイド等のピント微調整機構だけでは、大きなピント移動には対応できないため、しゅう動部を抜き差ししてのピント合わせを多用されているユーザー様も多いはず!
メーカー標準の状態だと、しゅう動部を大きく引き出すほど、このガタツキ(振れ幅)が大きくなり、レンズの解像度が高いが故に「片ボケ」の原因になってしまう場合もあります。
BORGしゅう動ベースリング・YUETSU27gをしゅう動部の根元に装着することで、ドローチューブを大きく引き出した状態でのガタツキを最小限に抑えることが可能になります!
YUETSU27g を使用した場合の効果
しゅう動ベースリング・YUETSU-27gを装着した場合、鏡筒の使い込み具合によっても効果は異なりますが、下記のような実測(参考)データを製造元の遊馬製作所様よりいただいております。
引出量10mm時
振れ幅
引き出し最大時
振れ幅
標準状態 0.5mm 3.4mm
YUETSU-27g 装着時 0.2mm 0.7mm
結果 -0.3mm減 -2.6mm減
【計測条件】定盤の上で、ハイトゲージにより計測。ドローチューブに手で、およそ5~8kgの荷重をかけ、引き出し量ごとに振れ幅を確認。金属鏡筒は、比較的、使い込んだもの。
商品の取付方法
●ヘリコイドMを取り外します

※ヘリコイドMとしゅう動部(ドローチューブ)との接続は非常に細かいネジになっていますので、
ねじ山をつぶさないように慎重に外してください。
●しゅう動部(ドローチューブ)を一旦奥に引き込ませます。(押し込みます)

BORGしゅう動ベースリングを取り付ける部分は、しゅう動部(ドローチューブ)ではなく、
外側の[7749]ドローチューブホルダー(三脚台座の付いている、鏡筒部後端)の内側に切ってあるネジに固定します。
●鏡筒を立てた状態で、慎重にBORGしゅう動ベースリングをねじ込んでいきます。

※取付部のネジも非常に細かいネジになっていますので、ねじ山をつぶさないように慎重にねじ込んでください。
※取り付け部分のネジに塗装が入っている場合もありますので、その場合は、メスネジ側をよく観察してみてください。
捻じ込みが困難な場合には、弊社までご連絡願います。
BORGしゅう動ベースリングを根元までしっかりねじ込んだら、
奥に引き込ませてあったしゅう動部(ドローチューブ)を引き出します。
●しゅう動部(ドローチューブ)に、
ヘリコイドMを装着し直して作業は完了です!

ページトップへ