ネイチャーショップKYOEI 大阪店

天体望遠鏡や本格双眼鏡、 天体観測・バードウオッチング機材の製造・販売。協栄産業株式会社。昭和34年創業。

  • マイページヘログインご利用案内お問い合せサイトマップ
カートをみる
FAX注文書
支払い方法:銀行振込/郵便振替/代金引換/低金利ローン/カード払い
低金利分割払
AstroArts(アストロアーツ) ASTRONOMIK(アストロノミック) boader planetarium(バーダープラネタリウム) BinoTechno(ビノテクノ) BORG(ボーグ) Canon(キャノン) CELESTRON(セレストロン) CORONADO(コロナド)
FLI(Finger Lake Instrument) FUJINON(フジノン) GITZO(ジッツォ) IDAS(アイダス) ioptron(アイオプトロン) jobu design(ジョブデザイン) Kasai Trading(笠井トレーディング) K-ASTEC(ケー・アステック)
Kendrick(ジムケンドリック) Kenko(ケンコー) 国際光器 Kowa(コーワ) KYOEI(キョウエイ) DiGiSCO.com(デジスコドットコム) LAOWA(ラオワ) Leica(ライカ)
LOSMADY(ロスマンディ) LUNT SOLAR SYSTEMS(ラント ソーラー システム) Manfrotto(マンフロット) MEADE(ミード) Nikon(ニコン) PENTAX(ペンタックス) QHYCCD SAMYANG(サムヤン)
SBIG(エスビーアイジー) SIGHTRON(サイトロン) SkyWatcher(スカイウォッチャー) SLIK(スリック) SWAROVSKI(スワロフスキー) タカハシ(高橋製作所) Tele Vue(テレビュー) Unitec(ユニテック)
Velbon(ベルボン) Vixen(ビクセン) WATEC(ワテック) WILLIAM OPTICS(ウィリアムオプティクス) Wimberley(ウィンバリー) ZEISS(ツァイス) ZWO 取扱いメーカー一覧


QHYCCD EOS・EFレンズマウントアダプターセット(QHY165C・168C・247C・367C用)

  

QHYCCD EOS・EFレンズマウントアダプターセット(QHY165C・168C・247C・367C用)

価格:

12,800円 (税込 14,080円)

購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

QHYCCD社 デジカメ・CCD:カメラ EOS・EFレンズマウントアダプターセット(QHY165C/168C/247C/367C用)

EOS・EFレンズもしくは各社天体望遠鏡にレデューサーやフラットナー等の補正レンズを
併用した撮影システムに、QHY165C/168C/247C/367Cを接続するために必要なアダプターリングセット


セット内容
商品名
QHY-CCD 020055 M48(F)-Medium 6 through holes with 2Inch Filter Holder
QHY-CCD 020087 M54 Back Focus Adjustment Componentsセット
020065 Medium 6 Through Holes Spacer(0.5mm)
020069 Medium 6 Through Holes Spacer(7mm)
020068 Medium 6 Through Holes Spacer(3mm)
020067 Medium 6 Through Holes Spacer(2mm)
020066 Medium 6 Through Holes Spacer(1mm)
QHY-CCD 020070 M54(F)-Medium 6 Through Holes with Lightproof
QHY-CCD 020071 M54(M)Canon 10mm adapter

使用上の注意

    ■当製品は、ユーザー様のご使用状況に応じて"必要なパーツを組み合わせて使用"する必要があります。
    ご使用状況ごとの組み合わせ詳細は下記をご参照ください。

    ■1)フィルターを使用しない場合
    使用するパーツの合計光路長が、Canon EOSシリーズのボディー内フランジバック量44mmと同じになるようにパーツを組み合わせます。 QHY-CCD 020087 M54 Back Focus Adjustment Componentsセット中の、

    020065(0.5mm)+ 020068(3mm)

    の2枚だけを使用することで、使用するパーツの合計光路長が44mmとなります。

    グラフ画像001

    ■2)フィルターを併用する場合
    セット中の"02055 2Inch Filter Holder"に、各社M48φフィルターを装着して使用する場合、フィルターの基板厚(ガラスの厚み)に応じてピント位置が後退するため(光路長が伸びるため)厳密には微調整をする必要があります。

    具体的には、"フィルターの基板厚(mm)×0.3程度"光路長を伸ばす必要があります。一般的な天体撮影用のフィルターは、ガラス基盤厚:2~3mmで製作されていますので、0.6mm~0.9mm程度光路長を伸ばす必要があることになります。

    しかしながら、

    ・光路長の最少調整単位は「0.5mm」
    ・QHY-CCDのカメラ本体自体が「センサー位置までの製造(組立)誤差をプラスマイナス0.5mmまで許容」している。

    という点を加味すると、

    ・使用するフィルターの基板厚: < 2.5mm程度、使用枚数:1枚  であれば、0.5mm延長。

    ・使用するフィルターの基板厚: 2.5mm < 3mm程度、使用枚数:1枚 であれば、1.0mm延長。

    程度の調整で実用上は問題ないかと判断しています。カメラ本体のセンサー位置までの製造(組立)誤差や、各パーツの製作誤差の積み重ねによって、明らかに撮影画像に影響が出てしまっていると判断できる場合は、ユーザー様にてフランジバック量の調整をお願いいたします。

    また、「2枚以上のフィルターをスタックして(重ねて)使用」する場合は、枚数(ガラス基盤厚の合計)に応じたフランジバック調整をする必要があります。

    グラフ画像001

    ■各社天体望遠鏡に"レデューサーやフラットナー等の補正レンズ"を併用した撮影システムで使用する場合
    各望遠鏡メーカーの撮影システム(カメラマウントはEOS用で)ご用意いただければ、上記と同様に接続すればOKです。
    (各望遠鏡メーカーの撮影システムは、各メーカー毎のシステムチャートでご確認ください。)
主な仕様
CMOSセンサー  SONY IMX094 COLOR CMOS フォーマット  36mm×24mm(フルサイズ)
ピクセルサイズ  4.88×4.88ミクロン 画素数  7376×4938(3600万画素)
シャッター  電動ローリングシャッター 露出時間  60マイクロ秒~60分
読み出しノイズ  3.2e@Low gain. 2.4e@unity gain AD変換  14bit
フレームレート 3.2FPS@Full Reolusion
7FPS@2160 LINES (eg. 7400*2160, 4096*2160 etc)
14FPS@1080 LINES (eg. 7400*1080,1920*1080 etc)
19FPS@768 LINES
30FPS@480 LINES
40FPS@320 LINES
83FPS@100 LINES (eg.7400*100)  
冷却機能  2段ペルチェ素子冷却。対外気温約-35度。(※使用条件による)  
FullWell  56ke- 望遠鏡への接続  M54P0.75メス
50.8mmスリーブ
消費電力  約30W(100%冷却時)
約13W(50%冷却時)
重量  788g
結露防止  防塵CCDチャンバーウィンドウヒーター内蔵
防塵CCDチャンバー用シリカゲルチューブ 
USB-IF  USB3.0 その他のポート  12V・DCコネクター(冷却用電源)
付属品  テーパーリングアダプター(回転装置)/M54→50.8mmスリーブアダプター/USB3.0 ケーブル
電源ケーブル/シガーソケット電源コード/日本語取扱説明書

ページトップへ