ネイチャーショップKYOEI 大阪店

天体望遠鏡や本格双眼鏡、 天体観測・バードウオッチング機材の製造・販売。協栄産業株式会社。昭和34年創業。

  • マイページヘログインご利用案内お問い合せサイトマップ
カートをみる

8月13日はペルセウス座流星群

8月13日はペルセウス座流星群

8月13日0:00の空 ステラナビゲーターVer.10で作成

予想されている極大時刻は8月13日午前10時ですので、8月12日から13日にかけてが最大のチャンスです。12日午後8時には月没する好適な月周りで、夜が深まるほどに放射点は高度を増し、絶好の条件となります!
放射点から離れた空で長く大きな流星が流れることもありますので、あまりペルセウス座の方角にこだわらず、お好きな領域を撮影しながら嬉しいゲスト(流星)が映り込む可能性に期待するのも楽しいでしょう。

ヒント・・・赤道儀(購入ガイド)に搭載して数十秒から数分の露出時間でインターバル撮影を繰り返せば流星の映り込んだショットをたくさんGETできるチャンスが拡大します!→映り込んだショットを集めステライメージを使用してコンポジット処理をすれば流星群写真の出来上がりです。

ステラナビゲーターVer.10で作成

ヒント→ 上記星図は8月1日午後8時のものです。月と惑星以外のすべての星の位置は、日時が1か月進めば、観測時刻を2時間早めることでほぼ同じになります。惑星の見かけ上の位置は少しづつ変わります。(惑星の語源=惑う星)
◎恒星の位置 : 7月1日午後10時 ≒ 8月1日午後8時 ≒ 9月1日午後6時


天の川や夏の大三角形など、見どころ満載の夏の夜空は星野写真の格好の対象です。赤道儀で追尾しながら、 明るいレンズを装着したカメラで広角に撮影してみれば、無数の星々が密集した天の川が流れる夏の星空を撮影することができます。 ディープスカイ専用の超低倍率双眼鏡「ワイドビノ28」での眼視も楽しい!
Unitec (ユニテック) SWAT-310 Vixen(ビクセン)AP-WM追尾撮影スターターセット タカハシ(高橋製作所)EM-11Temma2Z赤道儀
アイダス LPS-D2 ビクセン レンズヒーター360 笠井トレーディング ワイドビノ28


ページトップへ