ネイチャーショップKYOEI 大阪店

天体望遠鏡や本格双眼鏡、 天体観測・バードウオッチング機材の製造・販売。協栄産業株式会社。昭和34年創業。

  • マイページヘログインご利用案内お問い合せサイトマップ
カートをみる
FAX注文書
支払い方法:銀行振込/郵便振替/代金引換/低金利ローン/カード払い
低金利分割払
AstroArts(アストロアーツ) ASTRONOMIK(アストロノミック) boader planetarium(バーダープラネタリウム) BinoTechno(ビノテクノ) BORG(ボーグ) Canon(キャノン) CELESTRON(セレストロン) CORONADO(コロナド)
FUJINON(フジノン) GITZO(ジッツォ) IDAS(アイダス) ioptron(アイオプトロン) jobu design(ジョブデザイン) Kasai Trading(笠井トレーディング) K-ASTEC(ケー・アステック)Kendrick(ジムケンドリック)
Kenko(ケンコー) 国際光器 Kowa(コーワ) KYOEI(キョウエイ) DiGiSCO.com(デジスコドットコム) LAOWA(ラオワ) Leica(ライカ)LOSMADY(ロスマンディ)
LUNT SOLAR SYSTEMS(ラント ソーラー システム) Manfrotto(マンフロット) MEADE(ミード) Nikon(ニコン) PENTAX(ペンタックス) QHYCCD SAMYANG(サムヤン)SBIG(エスビーアイジー)
FLI(Finger Lake Instrument) SIGHTRON(サイトロン) SkyWatcher(スカイウォッチャー) SLIK(スリック) SWAROVSKI(スワロフスキー) タカハシ(高橋製作所) Tele Vue(テレビュー) Unitec(ユニテック)
Velbon(ベルボン) Vixen(ビクセン) WATEC(ワテック) WILLIAM OPTICS(ウィリアムオプティクス) Wimberley(ウィンバリー) ZEISS(ツァイス) ZWO 取扱いメーカー一覧


ビクセン ED103S(SD103S) のインプレッション

ビクセン ED103S(SD103S) のインプレッション

ビクセン SD103S

ビクセンSD103SSDレデューサーHDキットの結像性能を調べるため、 「デジタル対応SD改造サービス」を行ったビクセンED103Sをフィールドに持ち出し、 実際に天体撮影を行ってみました。

なお、SD103Sは、前モデルであるED103Sのドローチューブ内の絞りの位置を変更したマイナーチェンジモデルです。 よって、「デジタル対応SD改造サービス(絞りを改造するサービス)」を実施したED103Sの撮影結果は、 SD103Sを使って撮影した場合と同じとお考えいただければと思います。


ビクセンED103について

ビクセンED103S鏡筒は、口径103mm、焦点距離795mm(F7.7)の2枚玉アポクロマート屈折望遠鏡です。 本体重量は3.6キロと比較的軽く、 鏡筒バンドにはキャリーハンドルも付けられているため、持ち運びのしやすい鏡筒です。

天体観測の入門者用として人気の高いSD81Sに比べると、ED103Sの口径は約2センチ大きいだけですが、 鏡筒の外観は二回りほども大きくなっており、口径差以上の大きさの差を感じます。 下写真は、ED103SとSD81Sを並べて置いたところです(ED103Sの鏡筒バンド類は取り外しています)。

ビクセン SD103S

口径2センチの差は、星雲星団の観望ではそれほど感じませんが、惑星を高倍率で観望すると、 集光力と分解能の差を感じます。 SD81Sではわかりにくかった木星の縞模様の様子など、ED103Sでは明るくよく見えます。

ED103Sには、暗視野照明付きの光学ファインダーが付属します。SD81S付属のスポットファインダーに比べて、 光学ファインダーでは暗い星もよく見え、天体を導入しやすいと感じました。

天体撮影用のフラットナーレンズ(SDフラットナーHD)とレデューサーレンズ(レデューサーHD)は、SD81Sと同じ製品を使用できます。 フラットナーレンズとレデューサーレンズについては、別レビューもご覧ください。


SDフラットナーHDの天体撮影

まず、ED103SにSDフラットナーHDを取り付けて、天体撮影を行ってみました。 ED103SにSDフラットナーHDを取り付けると、焦点距離は811ミリになります 。F値は暗くなりますが、天体を大きく写したいときに重宝する補正レンズです。

撮影対象には、おおぐま座で輝く系外銀河、M101を選びました。 撮影に使用したカメラは、天文用冷却デジタル一眼レフカメラのAstro6Dです。 赤道儀は、ビクセンSXP赤道儀を用い、オートガイド撮影を行いました。

ビクセン SD103S

上は、上記機材で6枚撮影し、画像処理ソフトで仕上げた写真です。 35ミリフルサイズセンサーはセンサー面積が大きいため、フラットナーレンズを用いてもM101銀河はそれほど大きく写りませんが、 漆黒の宇宙に浮かぶ銀河のイメージが得られる写真だと思います。 画像中央付近を切り抜いた写真を以下に載せました。 撮影時のカメラの設定は、ISO1600、1枚当たりの露光時間は600秒です。

ビクセン SD103S

M101銀河を拡大した画像です。星像はシャープでコントラストも良好です。 シャープ処理は一切施していませんが、銀河の腕のディテールもよく表現されています。

ビクセン SD103S

こちらは、右下隅の一部を拡大した画像です。 35ミリフルサイズ最周辺部まで、ほぼ点像を保っており、色ずれもほとんど感じられません。


SDフラットナーHD使用時の周辺減光

次に、周辺減光について見ていきましょう。 下は、ED103SにSDフラットナーHDを取り付けて撮影した際のフラットフレーム画像(未処理)です。

SDフラットナーHDの周辺減光

35ミリフルサイズの画角ですが、未処理の画像からは減光は感じられません。 次に、フラットフレーム画像を、レベル補正コマンドを使って約5倍に圧縮強調しました。

SDフラットナーHDの周辺減光

ここまで強調すると、周辺部が中央部に比べて暗くなっている様子がわかります。 しかし、画面全体として減光はなだらかで、周辺減光の補正はしやすいでしょう。 センサーサイズが小さなAPS-Cサイズのデジカメなら、フラット補正無しで仕上げることもできそうです。


ビクセンED103SとSDレデューサーHDキットで天体撮影

次に、SDレデューサーレンズも取り付けて撮影しました。 レデューサーレンズも取り付けると、焦点距離は624ミリになります。 少し珍しい焦点距離ですが、散光星雲を大きく撮影するには適当な画角でしょう。

撮影対象には、夏の天の川銀河の中で輝く、いて座のM8とM20星雲を選びました。 微恒星も多く、光学系のシャープさが問われる星域です。 撮影に使用した機材は、フラットナーレンズのみを使用した時と同じです。

ビクセン SD103S

上は、上記機材で6枚撮影し、画像処理ソフトのステライメージ8で仕上げた写真です。 画角全体にわたって星はシャープで、コントラストも良好です。星像確認のため、 画像中央付近を切り抜いた写真を以下に掲せました。 なお、撮影時のカメラの設定は、ISO1600、1枚当たりの露光時間は480秒です。

ビクセン SD103S

拡大画像から、色収差の発生もほとんど感じられず、鋭い星像を結んでいることがわかります。

ビクセン SD103S

上は、画像の右下隅の一部を拡大した画像です。 35ミリフルサイズの最周辺部になると、収差で星の形が若干放射状に崩れているものの、ほぼ真円を保っていると言えます。色ずれの発生もほとんど感じられません。星像についてはフラットナーレンズのみを使用した時の方がよりシャープな印象を受けましたが、 レデューサーHDは、焦点距離を短くしながら、諸収差も良好に補正できているという印象を受けました。


レデューサーHD使用時の周辺減光

レデューサー使用時の周辺減光について確認しましょう。 下は、ED103Sとレデューサーを取り付けた際のフラットフレーム画像(未処理)です。

レデューサーHDの周辺減光

35ミリフルサイズの画角ですが、元画像では、写野端でも減光はほとんど感じられません。 画像処理ソフトのレベル補正コマンドを使って、約5倍のコントラスト強調を実施すると、四隅に近づくにつれ、光量の落ち込みが確認できますが、 勾配はそれほど急ではなく、なだらかに減光しているイメージです。

レデューサーHDの周辺減光

周辺減光は発生しているものの、 レデューサーレンズ使用時でも極端な減光ではなく、補正しやすい光学系であることが確認できました。


撮影後の印象

今回、ビクセンED103Sを使って天体撮影に使用した印象を、以下に箇条書きでまとめました。

ED103SとSDレデューサーHDキットのマッチングは良好で、35ミリフルサイズカメラのほぼ全面にシャープな像を結ぶ。 周辺減光も少なく、天体撮影に使いやすい組み合わせであることが確認できた。

SD81Sと比べると若干ましではあるが、ED103Sでも撮影時に輝星に回折光が写りこんでしまう。 星像が良いだけに残念なので、レンズに出っ張った錫箔を隠すなどの対策をメーカーにお願いしたい。

SDフラットナーHD使用時の焦点距離は811ミリと長く、解像力も高いので、 センサーサイズの小さな冷却CMOSカメラと組み合わせれば、 春の系外銀河の撮影も楽しめそうだと感じた。

SD81Sに比べて大きく重いので、ポルタII経緯台では少々苦しく、SXクラス以上の赤道儀に搭載したい。 自動導入機能の付いた赤道儀に載せれば、 小さな系外銀河でも簡単に導入でき、このクラスの望遠鏡には適した組み合わせだと感じた。


まとめ

今回のテストを通じて、ビクセンED103S(SD103S)は、口径10センチの天体望遠鏡ながら、持ち運びしやすく、 自宅での月や惑星の観望から、補正レンズを併用した天体撮影の分野まで、幅広く使用できる機材だと感じました。

天体撮影では、ビクセンのSDレデューサーHDキットとのマッチングが良好で、 35ミリフルサイズ全面にシャープな像を結ぶことが確認できました。 最近、注目されているセンサーサイズの小さい冷却CMOSカメラと組み合わせれば、 星雲星団だけではなく、春の銀河まで撮影を楽しむことができると思います。

口径10センチの屈折式天体望遠鏡は、性能と大きさのバランスが良く、屈折のスタンダードとも言える機材です。 SD81Sからのステップアップとしてはもちろん、最初からSD103Sを購入してじっくり天体観測を楽しむのもよいでしょう。 SD103Sは、入門者からベテランまで、それぞれの目的に合わせて使用できる天体望遠鏡だと感じました。

レビュー著者 吉田隆行氏のサイトはこちら→天体写真の世界

ページトップへ