ネイチャーショップKYOEI 大阪店

天体望遠鏡や本格双眼鏡、 天体観測・バードウオッチング機材の製造・販売。協栄産業株式会社。昭和34年創業。

  • マイページヘログインご利用案内お問い合せサイトマップ
カートをみる
FAX注文書
支払い方法:銀行振込/郵便振替/代金引換/低金利ローン/カード払い
低金利分割払
AstroArts(アストロアーツ) ASTRONOMIK(アストロノミック) boader planetarium(バーダープラネタリウム) BinoTechno(ビノテクノ) BORG(ボーグ) Canon(キャノン) CELESTRON(セレストロン) CORONADO(コロナド)
FLI(Finger Lake Instrument) FUJINON(フジノン) GITZO(ジッツォ) IDAS(アイダス) ioptron(アイオプトロン) jobu design(ジョブデザイン) Kasai Trading(笠井トレーディング) K-ASTEC(ケー・アステック)
Kendrick(ジムケンドリック) Kenko(ケンコー) 国際光器 Kowa(コーワ) KYOEI(キョウエイ) DiGiSCO.com(デジスコドットコム) LAOWA(ラオワ) Leica(ライカ)
LOSMADY(ロスマンディ) LUNT SOLAR SYSTEMS(ラント ソーラー システム) Manfrotto(マンフロット) MEADE(ミード) Nikon(ニコン) PENTAX(ペンタックス) QHYCCD SAMYANG(サムヤン)
SBIG(エスビーアイジー) SIGHTRON(サイトロン) SkyWatcher(スカイウォッチャー) SLIK(スリック) SWAROVSKI(スワロフスキー) タカハシ(高橋製作所) Tele Vue(テレビュー) Unitec(ユニテック)
Velbon(ベルボン) Vixen(ビクセン) WATEC(ワテック) WILLIAM OPTICS(ウィリアムオプティクス) Wimberley(ウィンバリー) ZEISS(ツァイス) ZWO 取扱いメーカー一覧


惑星を見よう

惑星を見よう


2019年夏にトップシーズンを迎えた木星・土星は、秋になると着々と西の空へとその居場所を変えていきます。
観測可能な時間帯は、9月のうちは21時頃まで、10月には19時過ぎ頃まで、11月には18時頃までで、やがて西へと沈みます。
(下の図は11月15日の17時30分のものです。視界に制限がある場所では土星はまだしも木星は厳しくなってきます。)
この秋は惑星観望のラストチャンスとなりますので是非チャレンジしてください!
11月ごろからは、宵の明星・金星も仲間入りし、3大惑星の競演が楽しめます。
にじみが少なく像が尖鋭な高性能望遠鏡なら50倍程度、入門モデルでも100倍程度の倍率を掛ければ木星の縞模様や土星のリングが見えてきます!
さあ、この機会にあなたも「天体観測」デビューをしてみませんか!?


2019年11月15日 17:30 の星空  

ステラナビゲーターVer.10で作成





必要最低限の光学性能と架台強度を持ち、操作性も良いため、4万円代で市販される入門モデルの中では当店一押しとなるモデルです。 土星のリングや木星の縞模様が観察できます。

上記と架台は同じですが、鏡筒を色収差を低減したEDレンズ採用のモデルにアップグレードしたモデルです。 より鮮明に土星のリングや木星の縞模様が観察できるほか、将来直焦点撮影にも対応できる発展性を秘めています。

大口径20cmのシュミットカセグレン鏡筒を、自動導入・自動追尾可能な赤道儀架台に搭載したモデルです。 迫力ある惑星観測のみならず、惑星専用カメラの追加で惑星写真の撮影をすぐ始められるセットです。

惑星の写真を撮りたい!と思ったら、おすすめはパソコン接続型CMOSカメラを使用した「スタッキング」技法を用いた撮影方法です!
詳しくは下のバナーから↓

ページトップへ