ネイチャーショップKYOEI 大阪店

天体望遠鏡や本格双眼鏡、 天体観測・バードウオッチング機材の製造・販売。協栄産業株式会社。昭和34年創業。

  • マイページヘログインご利用案内お問い合せサイトマップ
カートをみる
FAX注文書
支払い方法:銀行振込/郵便振替/代金引換/低金利ローン/カード払い
低金利分割払
AstroArts(アストロアーツ) ASTRONOMIK(アストロノミック) boader planetarium(バーダープラネタリウム) BinoTechno(ビノテクノ) BORG(ボーグ) Canon(キャノン) CELESTRON(セレストロン) CORONADO(コロナド)
FLI(Finger Lake Instrument) FUJINON(フジノン) GITZO(ジッツォ) IDAS(アイダス) ioptron(アイオプトロン) jobu design(ジョブデザイン) Kasai Trading(笠井トレーディング) K-ASTEC(ケー・アステック)
Kendrick(ジムケンドリック) Kenko(ケンコー) 国際光器 Kowa(コーワ) KYOEI(キョウエイ) DiGiSCO.com(デジスコドットコム) LAOWA(ラオワ) Leica(ライカ)
LOSMADY(ロスマンディ) LUNT SOLAR SYSTEMS(ラント ソーラー システム) Manfrotto(マンフロット) MEADE(ミード) Nikon(ニコン) PENTAX(ペンタックス) QHYCCD SAMYANG(サムヤン)
SBIG(エスビーアイジー) SIGHTRON(サイトロン) SkyWatcher(スカイウォッチャー) SLIK(スリック) SWAROVSKI(スワロフスキー) タカハシ(高橋製作所) Tele Vue(テレビュー) Unitec(ユニテック)
Velbon(ベルボン) Vixen(ビクセン) WATEC(ワテック) WILLIAM OPTICS(ウィリアムオプティクス) Wimberley(ウィンバリー) ZEISS(ツァイス) ZWO 取扱いメーカー一覧


2016-2017年の年末年始は天体観測の絶好機!

2016-2017年の年末年始は天体観測の絶好機!
月齢カレンダー
1月3日(火)しぶんぎ座流星群が極大!(出現期間1月1日~1月7日)/1月6日木星が衝(-2.7等、視直径46秒、ふたご座にあり)


年末年始は企業や工場の多くが操業を停めますので光害が減り、澄んだ空気に恵まれます。
しかも2016-2017年の年末年始は、新月から上弦へと向かう絶好の「新月期」にあたります。

光害にも月明かりにも邪魔をされず、天体観測・天体撮影を楽しめる大チャンスとなりますので
観測計画や機材準備を整えて、万全の体制で年末年始をお迎えください。
市街地や都市近郊でも普段より条件良く観測できますので「一家揃ってご自宅観測」も良いですね!

お正月のみどころ



火星は地球から遠ざかりつつある局面にありますがそれでも0.9等の明るさで輝いています。それに対して海王星は7.9等で、双眼鏡でかろうじで見つけられる明るさです。この2つの惑星が元旦に4分角という超ニアミスをします!
4分角というとピンとこない方もいらっしゃると思いますが、見かけ視界50度のアイピースの場合100倍の視界は30分角ですので、700倍でも同一視野内に収まるという至近距離です。
金星、火星、土星、木星は見たことがあっても海王星は見たことがないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。元旦なら火星を導入すれば一緒に海王星を見られますよ!
オススメ!

PII-FC100DFセットC8+SXD2セットTSA120鏡筒SKYRIS236C

[KYOEIオリジナル]タカハシ×ビクセン FC-100DF鏡筒-ポルタII経緯台セット

※イメージはステラナビゲータで作成しました。



翌2日は月と金星の競演が見られます。約4度角の距離ですので双眼鏡での観測なら7倍~12倍程度が適します。月齢3.8ですので幻想的な月の地球照と荘厳な金星の輝きのコンビネーションで美しい眺めとなるでしょう。撮影ならフルサイズ100mm~500mm程度の画角が適当ですが、あなたのセンスでその姿を自由に切り取って下さい。薄明前後に刻々と色合いを変える夕焼け空が背景になるという最高のシチュエーションです。シャッターチャンスを逃さないためにも2軸微動のできる赤道儀に搭載してじっくり挑むことをおすすめします。
オススメ!

AP-WM追尾撮影スターターセット71FL/90FL+7872撮影セットTelephotoTX07/TX10セット


※イメージはステラナビゲータで作成しました。



「しぶんぎ座」というのは古い呼び名で現在の88星座ではありませんが、りゅう座やかんむり座のあたりを放出点とする流星群です。 極大は3日23時、月明かりのない絶好の条件です!2016年はしぶんぎ、ペルセ、ふたごの三大流星群のすべてが月明かりに阻まれましたので2015年のふたご座群以来となる久しぶりのメテオチャンス到来です。
しぶんぎ座群は短期間に活発な活動が見られるのが特徴で、極大前後の3日夜半前から4日にかけての数時間は特に重要です。比較的ゆっくり流れる流星が多いと予想されており、お願い事をするのにも写真を撮るのにも向いています。
ポータブル赤道儀などの赤道儀にカメラを載せ、広角のレンズを北東の空に向けて撮影に挑戦してください。数十秒や1分程度の露出で繰り返し撮影を行い、流星の映り込んだコマを集めてステライメージでコンポジットすればOK。 しっかりとした赤道儀さえ用意すれば、北斗七星やうしかい座、時にはふたご座やオリオン座にまで流れる流星を捉えた写真があなたにも撮れます!

(おまけ)極大前の夕刻の西の空では5度角2~300mm程度の中に月齢5の月・火星・海王星が、2度角5~600mm程度の中に月と火星が収まります。

オススメ!

SWAT-300EM11Temma2Z赤道儀ASTRO6Dステライメージ

SWAT-350の設計思想を忠実に継承 「ユニテック SWAT-300」 CentralDS 冷却システム搭載 「ASTRO6D」


※イメージはステラナビゲータで作成しました。

年末~年始<新月期>:天体観測・天体撮影の絶好機

2016年12月29日は新月で一晩中月明かりがありません。大晦日から三が日にかけては、夕刻は月齢1~5の美しい細月を西の空で愛でてください。やがて月は沈み、その後は夜通し月明かりがなく賑やかな冬の星空を最高の条件で楽しめます。おうし座、オリオン座、アンドロメダ座などなど、星雲・星団の見どころが満載で、観望にも撮影にも対象は選りどり見どりで困ってしまうほどです。惑星は夜半を過ぎてから夜明け前にかけて南東の空に木星が見られます。はっきり言って寝る暇なんてありません!

オススメ!

ハイランダープロミナー7x50SPFSQ106EDVSD100F3.8RDセット

コーワ「ハイランダープロミナー」台数限定!驚愕超特価!

年末年始の機材準備はKYOEIにおまかせ下さい!
セール実施中! お買い得情報満載!
12回まで無金利のオリコ・分割払い手数料無料キャンペーン実施中! 12回まで無金利のオリコ・
分割払い手数料無料キャンペーン実施中!
即納在庫リスト 人気商品もガッチリ在庫確保でおまたせしません!

年末年始休業期間中(12月30日~1月3日)もインターネットでのご注文は受付中ですが、
商品ご手配は年始営業日(1月4日)以降となりますので予めご了承ください。

ページトップへ